屋外(裏手)に防犯用センサーライト設置-効果と注意点

2019-07-16

結論

戸建ての裏手に防犯センサーライトを設置する場合、以下の条件のときが効果的です。

  • 裏手の防犯意識の高さをアピール
  • 裏手からの侵入をあきらめさせる
  • 裏手周辺の日当たりが良ければソーラータイプ
  • 裏手周辺の日当たりが良くなければ電池タイプか有線タイプ
  • 配線で裏手の景観に影響を与えたくない場合は、ソーラーか電池タイプ
  • 日々の手間を楽にしたいなら有線タイプ
  • 停電のときも作動させたいならソーラーか電池タイプ

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

裏手に防犯センサーライトを設置する効果

泥棒に侵入を断念させる。

防犯意識の高さを見せる

通常、裏手は防犯意識が薄れやすい場所で、泥棒もそこにつけこみます。

センサーライトは、離れたところからも設置がわかるので、「裏手にも防犯対策している」と知らしめる効果があります。

威嚇効果

泥棒がセンサーライトに気づかずに近づいてくると、センサーライトが反応します。

ここで、泥棒に威嚇することができます。

防犯センサーライトのデメリット 裏手に設置

ご近所への迷惑

防犯用センサーライトは、泥棒にとって邪魔な存在ですが、隣家にとってもじゃまになる場合があります。

夜中に、猫やねずみに反応して頻繁に点滅されて、安眠妨害になるなどの迷惑をかけるとご近所トラブルの種になりかねません。

ご近所との良好な付き合いは、防犯対策上も大きなメリットがあります。その関係にマイナス効果があると、せっかくの防犯対策も逆効果です。

防犯センサーライトの注意点 裏手に設置

隣家への配慮

隣家への配慮が必要だと感じた場合は、防犯用センサーライトを設置する前に、ご近所の迷惑にならないよう、事前に相談することをお勧めします。

もし、ご近所も防犯対策を検討中だったのであれば、こちらからの相談は「渡りに船」で、双方の出費を抑える提案になる可能性もあります。

電源をどうやって確保するか

コンセントを裏手にも配置してあって、電源が簡単に取れれば問題ないですが、裏手の場合、屋外なのでからコンセントを設置していない場合もあるでしょう。

日当たりが良ければソーラータイプが向いています。

日当たりが良くない場合は、電池タイプの防犯用センサーライトが良いでしょう。センサーライトは防犯カメラなどより、消費電力も比較的少ないので電池でも十分機能する場合が多いです。

ただ、裏手は道路に面していることが多いので、人や車の往来が多くなり、予想以上に消費電力が多くなることもあります。

その場合は、配線してコンセントを設置したほうがメリットが多いです。

裏手の危険性

戸建ての裏手は、隣家との間に小さな隙間や路地があるか、敷地内に人がひとり通れる程度の隙間がある、また街灯が少なく暗い場所が多いと思います。

ですので、たいていは人通りが少なくて泥棒の侵入が見つかりにくい場所になってしまいがちです。

泥棒はそこにつけこみます。

泥棒にとって人目にさらされるリスクが低い

戸建ての裏手は、泥棒にとって人目にさられるリスクが低いので狙いやすいのです。

裏手は心の隙だらけ

裏手は勝手口と同様かそれよりも、防犯対策の優先順位が低くなりがちです。

ここを泥棒につけこまれます。

街灯の光が届きにくい

玄関は道路に面している場合が多く、周辺の街灯も多くなります。その反面、裏手がある場所は街灯の光が届きにくい場所になりがちです。

泥棒にとっては狙いやすい場所になります。

まとめ

戸建ての裏手は周辺に街灯も少なくなりがちで、ひと目も少なく、泥棒などの侵入者にとって好都合な条件が揃います。

防犯用センサーライトを家の裏手に設置すると、泥棒などの犯罪者に防犯意識の高さをアピールできます。

防犯用センサーライトがご近所の迷惑にならないよう、配慮が必要です。相談なしに設置すると「ご近所トラブル」の種になりかねません。