戸建ての屋外(裏手)に防犯カメラ 有線タイプは?

2019-10-06

結論

戸建ての裏手に防犯カメラを設置したいとき、以下の条件であれば有線にしてコンセントから電気を供給するタイプが効果的です。

  • 電気の供給は確実にしたい
  • 配線工事費など初期費用は問題ない
  • 裏手の周辺の日当たりが悪い
  • 日頃の手間がかからないようにしたい

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

有線タイプのメリット 防犯カメラを屋外(裏手)に設置

有線タイプのメリットは以下になります。

  • 電気の供給が確実
  • 日当たりを気にしなくていい
  • 天候に左右されない
  • 日頃の負担が少ない

電気の供給が確実

コンセントタイプは電気の供給が確実ですので、日当たりや天候、電池切れなどによる電気の供給を心配をする必要がなく安心していられます。

日当たりを気にしなくていい

裏手の周辺の日当たりが悪ければ、ソーラータイプは向いていません。

有線タイプは日当たりを気にしないで設置できます。

天候に左右されない

ソーラータイプは天候に左右されてしまいますが、有線タイプはその心配がありません。

日頃の負担が少ない

家の裏手だとネコの通り道になりがちです。猫に反応してしまうと防犯用センサーライトの作動頻度が多くなります。

その分消費電力に影響してしまい、電池タイプの場合は電池交換の頻度も高くなります。

性格がまめな人は大丈夫でしょう。

そうでなければ裏手は日ごろ足が向かないところなので、日ごろの手間がかかるとうっとうしくなります。

せっかく防犯カメラを設置したのに電池切れで機能しなくなる、ということになりかねません。その点、有線タイプは手間いらずになります。

有線タイプのデメリット 防犯カメラを屋外(裏手)に設置

有線タイプのデメリットは以下になります。

  • 停電だと動作しない
  • 初期費用がかかる
  • 景観への配慮が必要

停電だと動作しない

停電になると裏手の犯罪リスクが増します。

コンセントから電源をとると、停電の影響を受けてしまいます。

初期費用がかかる

コンセントタイプは配線の材料費がかかります。

専門の業者さんに任せた場合は工事費も発生します。

景観への配慮が必要

コンセントタイプはどうしても配線が気になります。

配線を目立たなくして、しかもきれいに配線するには、DIYに自信のある人は別にして、専門の業者さんに任せた方がいいでしょう。

「裏手だから、そんなに景観はきにならない」ということであれば、がんばってDIYでやるのも経費節減にもなるのでOKかもしれません。

有線タイプの注意点 屋外(裏手)に防犯カメラを設置

有線タイプの注意点は以下になります。

  • ケーブルの保護
  • 景観への配慮
  • 夜間の監視
  • 盗難・破壊行為に注意

ケーブルの保護

防犯カメラを屋外に設置するので、ケーブルを耐久性のある保護材で保護する必要があります。

専門の業者さんに任せれば安心ですね。

景観への配慮

景観を損なわないようきれいに配線するには、やはり専門の業者さんに任せた方がいいでしょう。

DIYに自信のある方は、腕の見せ所です。

夜間の監視

電池タイプの場合も夜間の監視は注意が必要です。こんな方法があります。

  • 照明の確保
  • 赤外線照明

照明の確保

防犯カメラは暗い時間帯が問題になります。

ベランダ周辺の街灯が多くて、明るさが確保できていればいいですが、そうでなければ対策が必要です。

照明付きの防犯カメラか、そうでなければ別途に照明を設置したほうがいいです。

この場合、センサーライトを設置するとか、センサーライト付きの防犯カメラを選択する方法があります。

ただ、電池タイプの場合は消費電力に注意が必要なので、センサーライト付きの防犯カメラの場合は安定稼働するかチェックが必要でしょう。

赤外線照明

赤外線照明という選択肢もあります。

この場合は白黒の画像になりますが、隣家への配慮で照明が問題になる場合は効果あります。

ただし、赤外線はガラス越しに対応できないので注意が必要です。

赤外線がガラスに反射してしまって、撮影しても昼間の逆光のようなひどい状態になってしまいます。

盗難・破壊行為に注意

何とも皮肉な話ですが、防犯のための防犯カメラそのものが盗難にあうことだってあります。

また、防犯カメラが目的の盗難でなくても、目的の作業をする前に防犯カメラを破壊する行為も考えられます。

特に裏手の場合は目が行き届きにくいので、「気づいたら防犯カメラがなくなっていた(あるいは壊れていた)」になりかねません。

防犯カメラを設置した最初の頃は、まめに映像を確認するでしょうが慣れてくるとおろそかになってきます。

玄関や駐車場の防犯カメラなら、そうでもないでしょうが裏手までとなると優先順位を下げがちになりますので、「気づいたら・・・」になってしまいます。

屋外(裏手)に防犯カメラを設置する効果

防犯カメラを設置する効果は以下になります。

  • 決定的な証拠
  • 防犯意識の高さを見せる
  • 抑止効果

決定的な証拠

防犯カメラの効果は、なんといっても証拠能力の高さです。

警察に証拠として提出できますし、その証拠能力の高さから警察の動きも格段に違ってきます。

防犯意識の高さを見せる

通常、裏手は防犯意識が薄れやすい場所で、泥棒もそこにつけこみます。

防犯カメラは、離れたところからも設置がわかるので、「裏手にも防犯対策している」と知らしめる強い効果があります。

通常、裏手の防犯対策は優先順位が後回しになりがちで、泥棒はそこにつけこみます。

その裏手に防犯カメラが設置してあると、「防犯意識の高い家」として警戒してくれる効果があります。

抑止効果

泥棒やのぞきなどの犯罪者は、「見られる」ことを何よりも嫌います。

防犯カメラの存在は犯罪の抑止効果としては絶大です。

屋外(裏手)の危険性

家の裏手は、隣家との間に小さな隙間や路地があるか、敷地内に人がひとり通れる程度の隙間がある、また街灯が少なく暗い場所が多いと思います。

ですので、たいていは人通りが少なくて泥棒の侵入が見つかりにくい場所になってしまいがちです。侵入者はそこにつけこみます。

裏手の危険性は以下になります。

  • 侵入者にとって人目にさらされるリスクが低い
  • 裏手は心の隙だらけ
  • 街灯の光が届きにくい
  • 侵入がわかりにくい

侵入者にとって人目にさらされるリスクが低い

戸建ての裏手は、泥棒にとって人目にさられるリスクが低いので狙いやすいのです。

裏手は心の隙だらけ

裏手は勝手口と同様かそれよりも、防犯対策の優先順位が低くなりがちです。ここを泥棒につけこまれます。

街灯の光が届きにくい

玄関は道路に面している場合が多く、周辺の街灯も多くなります。その反面、裏手がある場所は街灯の光が届きにくい場所になりがちです。

泥棒にとっては狙いやすい場所になります。

侵入がわかりにくい

家の裏手は玄関などに比べると人の目が少なく、明かりも少なくなります。

そのため、侵入者に気付きにくくなります。

まとめ

裏手は防犯対策を後回しにしがちですが、そこを泥棒などにつけこまれます。

防犯カメラは泥棒に威嚇できます。

防犯カメラの映像は証拠能力が高く、警察の対応にも好影響を与えます。

有線タイプの防犯カメラを戸建ての裏手に設置するなら、日当たりがよくない場合は有力な選択肢になります。

また、電池交換など日頃の手間暇がほとんどないというメリットは大きいです。