戸建てのバルコニーに防犯カメラ 電源は有線?

結論

戸建てのバルコニーに防犯カメラを設置する場合、以下の条件のときに電源は有線タイプが効果的です。

  • バルコニー周辺の日当たりが良くない
  • バルコニーが面している道路の人や車の往来がわりと多い
  • 防犯カメラへは電気は安定して供給したい
  • バルコニーでの配線はDIYできちんとできる、または専門の業者さんに任せる
  • 配線工事の費用は想定している、またはバルコニーに既にコンセントを設置してある
  • 電池交換はめんどくさいのでやりたくない
  • 停電のときは作動しなくてもかまわない、あるいは停電対策は考えている

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

有線タイプのメリット 防犯カメラを屋外(バルコニー)に設置

有線タイプのメリットは以下になります。

  • 電気の供給が確実
  • バルコニー周辺の日当たりを気にしなくていい
  • 天候に左右されない
  • 日頃の負担が少ない

電気の供給が確実

有線タイプはコンセントから電気が供給されますので、安定して電気を確実に供給できます。

日当たりを気にしなくていい

バルコニー周辺の日当たりが悪ければ、ソーラータイプの防犯カメラは向いていません。

有線タイプの防犯カメラは日当たりを気にしないで設置できます。

天候に左右されない

ソーラータイプの防犯カメラは天候に左右されてしまいますが、有線タイプはその心配がありません。

日頃の負担が少ない

バルコニーが面している道路の、人通りや車の往来が多い場合は、防犯カメラの作動頻度が多くなります。

その分消費電力に影響してしまい、電池タイプの防犯カメラは電池交換の頻度も高くなります。

性格がまめな人は大丈夫でしょうが、そうでなければ、うっとうしくなります。

そうなると、せっかく防犯カメラを設置したのに電池切れで機能しなくなる、ということになりかねません。

その点、有線タイプの防犯砂利は手間いらずになります。

有線タイプのデメリット 防犯カメラを屋外(バルコニー)に設置

有線タイプのデメリットは以下になります。

  • 停電だと動作しない
  • 初期コストがかかる
  • バルコニー景観への配慮が必要

停電だと動作しない

停電になるとバルコニーの犯罪リスクが増します。

有線タイプの防犯カメラだとコンセントから電源をとるので、停電の影響を受けてしまいます。

初期コストがかかる

有線タイプの防犯カメラは、配線やコンセントなど材料費がかかります。

専門の業者さんに任せた場合は工事費も発生します。

景観への配慮が必要

有線タイプの防犯カメラは、防犯カメラの設置場所まで配線をしないといけないので、周りになじむよう気を使うことになります。

有線タイプの注意点 屋外(バルコニー)に防犯カメラを設置

有線タイプの注意点は以下になります。

  • ケーブルの保護
  • バルコニーの景観への配慮
  • 夜間の監視
  • 盗難・破壊行為に注意

ケーブルの保護

防犯カメラを屋外に設置するので、ケーブルを耐久性のある保護材で保護する必要があります。

バルコニーはひさしがないので、劣化が進む心配もあります。

専門の業者さんに任せれば安心ですね。

バルコニーの景観への配慮

バルコニーの美観を損なわないようきれいに配線するには、やはり専門の業者さんに任せた方がいいでしょう。

DIYに自信のある方は腕の見せ所です。

夜間の監視

防犯カメラは、夜間の監視は注意が必要です。

こんな方法があります。

  • ライトも設置する
  • 赤外線照明

ライトも設置する

照明付きか、あるいは別途に照明を設置したほうがベストです。

この場合センサーライトを別途設置するとか、センサーライト付きの防犯カメラを選択する方法があります。

有線タイプの場合は電気を安定供給できるので、センサーライト付きの防犯カメラでも安定稼働できるでしょう。

赤外線照明

赤外線照明という選択肢もあります。

この場合は白黒の画像になりますが、隣家への配慮で照明が問題になる場合は効果があります。

ただし、赤外線はガラス越しに対応できないので注意が必要です。

赤外線がガラスに反射してしまい撮影しても昼間の逆光のひどい状態になってしまいます。

盗難・破壊行為に注意

何とも皮肉な話ですが、防犯のための防犯カメラそのものが盗難にあうことだってあります。

また、防犯カメラが目的の盗難でなくても、目的の作業をする前に防犯カメラを破壊する行為も考えられます。

「気づいたら防犯カメラがなくなっていた(あるいは壊れていた)」になりかねません。

効果的な方法は、別の角度からもう1台の防犯カメラを設置することです。どちらかの防犯カメラにほぼ確実に映像が残ります。

屋外(バルコニー)に防犯カメラを設置する効果

防犯カメラを設置する効果は以下になります。

  • 抑止効果
  • バルコニーが被害にあったとき決定的な証拠

抑止効果

泥棒やのぞきなどの犯罪者は「見られる」ことを何よりも嫌います。

防犯カメラの存在は犯罪の抑止効果としては絶大です。

バルコニーに防犯カメラが設置してあると、「防犯意識の高い家」として侵入をためらわせる効果があります。

バルコニーが被害にあったとき決定的な証拠

防犯カメラの効果は、なんといっても証拠能力の高さです。

バルコニーが被害にあったとき警察に証拠として提出できますし、その証拠能力の高さから警察の動きも格段に違ってきます。

屋外(バルコニー)の危険性

屋外(一階バルコニー)の危険性は以下になります。

  • 一階のバルコニーは侵入しやすい
  • 一階のバルコニーはポイ捨ての被害がある
  • 一階のバルコニーは人の視線にさらされやすい
  • 上階のバルコニーは油断しやすい
  • バルコニーは情報収集に使われる
  • 泥棒などの侵入口

一階のバルコニーは侵入しやすい

一階のバルコニーは高さもそれほどないので、侵入が容易な場所と言えます。

バルコニーに入ってしまえば、窓よりも足場が安定しているので、泥棒などの侵入者にとっては作業しやすい場所といえます。

ポイ捨て

一階のバルコニーが面している道路から近いと、ポイ捨ての被害にあうこともあるでしょう。

人の視線

一階のバルコニーは、高さが人の目の高さとそんなに差がありません。

そのため、通り過ぎる人の視線にさらされることが多くなります。

覗きの対象にもなりやすいでしょう。

上階のバルコニーは油断しやすい

上階のバルコニーは心理的に油断しやすく、出入り口の窓を施錠し忘れる場合もあります。

なかには、全く施錠しないところもあるようです。

バルコニーは情報収集に使われる

バルコニーは洗濯物を干す場所に使われるので、泥棒などの侵入者にとっては、家族構成などの情報を事前に収集できます。

洗濯物から家族の人数や性別や年齢構成などが、ある程度は推測できてしまいます。

侵入者にとっては家族の情報が多いほど、侵入の場所や時間帯を決めやすくなります。

まとめ

バルコニーは足場が安定しているので、侵入者にとっては好都合です。

バルコニーは侵入者の情報収集に使われてしまいます。

上階のバルコニーは油断しやすく、ついつい窓を施錠しないこともあります。

一階のバルコニーは、侵入者にとって「侵入しやすい場所」になってしまいます。

防犯カメラは侵入者に威嚇できます。侵入された場合は決定的な証拠を得られる可能性が高くなります。

有線タイプの防犯カメラをバルコニーに設置するなら、日当たりがよくない場合は有力な選択肢になります。

また、電池交換など日頃の手間暇がほとんどないというメリットがあります。