屋外(バルコニー)の防犯対策

結論

バルコニーの防犯対策は、以下が有効です。

  • バルコニーの危険性を把握する
  • バルコニーからの侵入をあきらめさせる
  • 防犯センサーライトで夜間の防犯対策
  • 防犯砂利で昼間も防犯対策
  • 被害にあった場合を想定して防犯カメラ

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

屋外(バルコニー)の危険性

屋外(バルコニー)の危険性は、以下になります。

  • 一階のバルコニーは侵入しやすい
  • 一階のバルコニーはポイ捨ての被害がある
  • 一階のバルコニーは人の視線にさらされやすい
  • 上階のバルコニーは油断しやすい
  • バルコニーは情報収集に使われる
  • 泥棒などの侵入口

一階のバルコニーは侵入しやすい

一階のバルコニーは、高さもそれほどないので侵入が容易な場所と言えます。

バルコニーに入ってしまえば、窓よりも足場が安定しているので、泥棒などの侵入者にとっては作業しやすい場所といえます。

ポイ捨て

一階のバルコニーが面している道路から近いと、ポイ捨ての被害にあうこともあるでしょう。

人の視線

一階のバルコニーは、高さが人の目の高さとそんなに差がありません。

そのため、通り過ぎる人の視線にさらされることが多くなります。

覗きの対象にもなりやすいでしょう。

上階のバルコニーは油断しやすい

上階のバルコニーは、心理的に油断しやすく、出入り口の窓を施錠し忘れる場合もあります。

なかには、全く施錠しないところもあるようです。

バルコニーは情報収集に使われる

バルコニーは洗濯物を干す場所に使われるので、泥棒などの侵入者にとっては、家族構成などの情報を事前に収集できます。

洗濯物から、家族の人数や性別や年齢構成などがある程度は推測できてしまいます。

侵入者にとっては、家族の情報が多いほど、侵入の場所や時間帯を決めやすくなります。

屋外(バルコニー)の防犯対策

バルコニーの防犯対策は以下の方法があります。

  • 防犯センサーライトを設置
  • 防犯砂利を敷く
  • 防犯カメラを設置

防犯センサーライトを設置

防犯センサーライトはバルコニーの周辺を明るくして泥棒に威嚇できます。

ただ、防犯センサーライトは深夜に猫などに反応することもあるので、ご近所への配慮も大事です。

防犯砂利を敷く

防犯砂利は歩くと音がするので泥棒に威嚇できます。

一階バルコニーの周辺や、二階バルコニーへの足場になる場所に敷くと有効です。

DIYで敷く場合は作業の負担を考えて、敷く場所や防犯砂利の素材、量などを検討された方がいいでしょう。

防犯砂利は除草や飛散、粉塵、流出対策などメンテナンスでは注意点があります。また、飛散、粉塵、流出、音などご近所への配慮も大事です。

防犯カメラを設置

防犯カメラは証拠能力が高く、被害にあった場合には警察の対応にも良い影響を与えます。

防犯カメラをバルコニーに設置すると、侵入者(空き巣などの泥棒やのぞき犯)に防犯意識の高さを強くアピールできます。

設置の際は、隣家への配慮が大切です。配慮や相談なしに設置すると「ご近所トラブル」の種になりかねません。双方で死角を補完し合うのもいいかもしれません。

バルコニーに防犯センサーライトを設置する効果

バルコニーに防犯センサーライトを設置する効果は以下になります。

  • 異常の発見が早くなる
  • 侵入者と鉢合わせになる危険を回避
  • 防犯意識の高さをアピール
  • 威嚇効果
  • バルコニーの周辺が明るくなる

異常の発見が早くなる

たとえば帰宅途中で家の近くに来て、家には誰もいないはずなのに、バルコニーの防犯センサーライトが点灯しているケースです。

この場合すぐに危険を察知できます。家族に連絡ができるし、警察に通報することが可能です。

侵入者と鉢合わせになる危険を回避

帰宅時に、侵入者と鉢合わせになるのは非常に危険です。

バルコニーの防犯センサーライトの動作がいつもと違うことに気づければ、そんな危険を回避できます。

防犯意識の高さをアピール

バルコニーも「防犯対策している」ことを知らしめる効果があります。

防犯意識の高さをアピールできれば、泥棒などの侵入者に「ここはやめたほうがいい」と思わせることができます。

威嚇効果

泥棒がバルコニーへ近づいてくると、防犯用の人感センサーライトが反応します。ここで侵入者に威嚇することができます。

バルコニーの周辺が明るくなる

センサーライトを設置することで、バルコニーの周辺を明るくできます。

泥棒などの侵入者は見られることを嫌います。バルコニーの周辺が明るくなることで犯罪行為への牽制になります。

バルコニーに防犯砂利を敷く効果

バルコニーに防犯砂利を敷く効果は以下になります。

  • 侵入したのが音でわかる
  • バルコニーの防犯意識の高さを見せる
  • 侵入されたら音で威嚇

侵入したのが音でわかる

普通の砂利でも音が出ますが、防犯砂利はそれ以上の音が出るようになっています。

誰かが一階のバルコニーや、二階バルコニーへの足場になる周辺に侵入していると、防犯砂利を踏む音でわかります。

周囲が寝静まった深夜は、よけい音が響きます。

バルコニーの防犯意識の高さを見せる

泥棒などの侵入者が、一階のバルコニーや二階バルコニーへの足場になる周辺に侵入する前に、防犯砂利の存在に気がつくことになります。

ですので、「バルコニーにも防犯対策している」と知らしめる効果があります。

侵入されたら音で威嚇

泥棒などの侵入者は音を嫌います。人が砂利を踏むと、どうしても音が出ます。

泥棒などが不用意にバルコニーに近づいて、防犯砂利に気づかずに踏むと予想以上(70デシベル以上)の音が出ます。

ここで、泥棒に威嚇することができます。人間が「うるさい」と感じるのは60デシベル以上なので、効果は十分です。

泥棒などの侵入者が、一度これを経験すると次からこの家を標的にしづらくなります。

バルコニーに防犯カメラを設置する効果

バルコニーに防犯カメラを設置する効果は以下になります。

  • 決定的な証拠
  • 防犯意識の高さを見せる
  • 侵入をあきらめさせる

決定的な証拠

防犯カメラの効果は、なんといっても証拠能力の高さです。

バルコニーで被害にあった場合は警察に証拠として提出できますし、その証拠能力の高さから警察の動きも格段に違ってきます。

防犯意識の高さを見せる

侵入者はバルコニーを観察して情報収集することがあります。

防犯カメラは離れたところからも設置がわかるので、「バルコニーにも防犯対策している」とアピールする効果があります。

そのバルコニーに防犯カメラが設置してあると、「防犯意識の高い家」として警戒してくれる効果が期待できます。

抑止効果

泥棒などの侵入者は、「見られる」ことを何よりも嫌います。

バルコニーに設置した防犯カメラの存在は、侵入の抑止効果としては絶大です。泥棒に侵入を断念させる効果があります。

まとめ

バルコニーは高い壁に守られたプライベート空間になるので、侵入者にとって「絶好の隠れ場所」になってしまいます。

防犯用センサーライトは、バルコニーの周辺を明るくして泥棒に威嚇できます。

防犯砂利は歩くと音がするので、泥棒に威嚇できます。

DIYで敷く場合は、作業の負担を考えて、敷く場所や量などを検討された方がいいでしょう。

防犯砂利は除草や飛散、粉塵、流出対策などメンテナンスでは注意点があります。

防犯カメラは証拠能力が高く、被害にあった場合には警察の対応にも良い影響を与えます。

防犯カメラをバルコニーに設置すると、侵入者(空き巣などの泥棒やのぞき犯)に防犯意識の高さを強くアピールできます。

バルコニーの防犯対策は、隣家への配慮や相談が大切です。配慮や相談なしに設置すると「ご近所トラブル」の種になりかねません。