一階バルコニーが心配・・・防犯センサーライトは?

結論

戸建ての一階バルコニーに防犯センサーライトを設置する場合、以下の条件のときが効果的です。

  • 一階バルコニーの防犯意識の高さをアピール
  • 一階バルコニーからの侵入をあきらめさせる
  • 一階バルコニー周辺の日当たりが良ければソーラータイプ
  • 一階バルコニー周辺の日当たりが良くなければ電池タイプか有線タイプ
  • 配線で一階バルコニーの景観に影響を与えたくない場合は、ソーラーか電池タイプ
  • 日々の手間を楽にしたいなら有線タイプ
  • 停電のときも作動させたいならソーラーか電池タイプ

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

屋外(一階バルコニー)に防犯センサーライトを設置する効果

防犯センサーライトの効果は、以下になります。

  • 帰宅直前なら発見が早くなる
  • 侵入者と鉢合わせになる危険を回避
  • 一階バルコニーの防犯意識の高さをアピール
  • 一階バルコニーに侵入しようとしたら威嚇できる
  • 日頃の負担が少ない

発見が早くなる

たとえば、帰宅途中で家の近くに来て、家には誰もいないはずなのに、一階バルコニーのセンサーライトが点灯しているケースです。

この場合、すぐに危険を察知できます。家族に連絡ができるし、警察に通報することが可能です。

侵入者と鉢合わせになる危険を回避

帰宅時に、侵入者と鉢合わせになるのは非常に危険です。

防犯センサーライトの動作がいつもと違うことに気づければ、そんな危険を回避できます。

防犯意識の高さをアピール

センサーライトは、離れたところからも設置がわかるので、「一階バルコニーは防犯対策している」と知らしめる効果があります。

一階バルコニーに侵入しようとしたら威嚇できる

泥棒などの侵入者がセンサーライトに気づかずに、一階バルコニーに近づくとセンサーライトが反応します。ここで、相手に威嚇することができます。

日頃の負担が少ない

防犯カメラは、映像データをチェックするなど日ごろの手間が発生します。

その点、防犯センサーライトは取り付ければ、あとは手間いらずになります。

防犯センサーライトのデメリット 屋外(一階バルコニー)に設置

防犯センサーライトのデメリットは、以下になります。

  • 停電のときは作動しない
  • 昼間は機能しない
  • 隣家への迷惑

停電

停電になると一階バルコニーの犯罪リスクが増します。

停電のため、機種によっては防犯センサーライトも機能しなくなります。

昼間は機能しない

泥棒などの侵入者が活動するのは、夜だけ活動するとは限りません。でも防犯センサーライトは、昼間は防犯としてほとんど機能しません。

隣家への迷惑

一階バルコニーが隣家と近くて、センサーライトの明かりが「うざい」と思われる恐れがあります。

防犯センサーライトの注意点 屋外(一階バルコニー)に設置

防犯センサーライトの注意点は、以下になります。

  • 隣家への配慮
  • 電源をどうやって確保するか
  • 配線は劣化に注意
  • 節電
  • 盗難・破壊行為に注意

隣家への配慮

窓が隣家と近いと、センサーライトの明かりで隣家に迷惑がかかる場合があります。こういう場合は、隣家と話し合って了承をもらう必要があるでしょう。

隣家の了承をもらえない場合は、防犯センサーライトではなく他の防犯対策を検討したほうがいいでしょう。

ご近所の目は防犯を高めます。ご近所を防犯の味方にすれば強力ですが、敵にしてしまっては元も子もありません。

電源をどうやって確保するか

近くにコンセントが設置してあって、電源が簡単に取れれば問題ないですが、そういうわけにもいかないかもしれません。

もし日当たりが良ければソーラータイプは検討に値します。

日当たりが悪い場合は、電池タイプかコンセントタイプを検討したほうがいいでしょう。

配線は劣化に注意

屋外は、ケーブルが劣化しやすくなります。バルコニーはひさしがないので劣化が進みやすい環境です。

電源を有線にした場合は、耐久性に優れた保護材は必須です。

専門の業者さんに任せる場合は問題ないでしょう。

DIYの場合はホームセンターの方に相談したほうがいいでしょう。

節電

一階バルコニーが面している道路の人通りや車の往来が多い場合は、防犯センサーライトの作動頻度が多くなります。

その分消費電力に影響してしまいます。

この場合、以下の方法があります。

  • センサーのカバー範囲を狭める
  • ライトの点灯秒数を短縮する
  • 昼間は反応しない設定にする

センサーのカバー範囲を狭める

センサーのカバー範囲をなるべく狭める調整をして、無用な作動を控えるようにして消費電力を抑える工夫をした方がいいです。

ライトの点灯秒数を短縮する

初期設定が30秒くらいのが多いかもしれません。でもこれは少し長いと私は思います。

たしかに、センサーライトが何かに反応したら怪しい可能性があるので、この程度の秒数は照らしたい心理が働きます。

ここで考えたいのは、センサーライトの効果です。センサーライトは感知して点灯しますので、常灯のライトより人目を引きやすくなります。

この効果を生かすには、点灯秒数を数秒程度にして、反応する度に点灯させる方がいいです。

こうすると、防犯効果が上がると同時に、確実に消費電力の節約になります。

昼間は反応しない設定にする

たいていの防犯センサーライトにはこの機能があるはずです。

日頃、自宅周辺を歩いているときに、昼間も点灯する防犯センサーライトを見かけます。

こんな問題があります。

  • 電気の無駄
  • 昼間はセンサーライトに誰も気づかない

盗難・破壊行為に注意

何とも皮肉な話ですが、防犯のためのセンサーライトそのものが盗難にあうことだってあります。

また、センサーライトが目的の盗難でなくても、目的の作業をする前にセンサーライトを破壊する行為も考えられます。

盗難に備えるには、やはり防犯カメラが有効です。

でも、防犯センサーライトの盗難防止のために防犯カメラを設置しては本末転倒です。

防犯機器の盗難・破壊行為が心配な状況なら、防犯カメラとセンサーライトの組み合わせで、防犯対策を考えたほうがいいでしょう。

屋外(一階バルコニー)の危険性

屋外(一階バルコニー)の危険性は、以下になります。

  • 一階バルコニーは侵入しやすい
  • ポイ捨て
  • 人の視線
  • バルコニーは情報収集に使われる

一階バルコニーは侵入しやすい

一階バルコニーは、高さもそんなにないので侵入が容易な場所と言えます。

一階バルコニーに入ってしまえば、窓よりも足場が安定しているので、泥棒などの侵入者にとっては作業しやすい場所といえます。

ポイ捨て

一階バルコニーが面している道路から近いと、ポイ捨て被害にあうこともあるでしょう。

人の視線

一階バルコニーは、高さが人の目の高さとそんなに差がありません。そのため、通り過ぎる人の視線にさらされることが多くなります。

バルコニーはひさしがないので、一階バルコニーは周囲の建物などの高い位置からも、人の視線にさらされやすくなります。

覗きの対象にもなりやすいでしょう。

バルコニーは情報収集に使われる

一階バルコニーは洗濯物を干す場所に使われるので、泥棒などの侵入者にとっては家族構成などの情報を事前に収集できます。

洗濯物から、家族の人数や性別や年齢構成などがある程度は推測できてしまいます。

侵入者にとっては、家族の情報が多いほど侵入の場所や時間帯を決めやすくなります。

まとめ

一階バルコニーは足場が安定しているので、侵入者にとっては好都合です。

一階バルコニーは侵入者の情報収集に使われてしまいます。

一階バルコニーは、ポイ捨てや覗きの対象になってしまうことがあります。

防犯センサーライトは、一階バルコニーの周辺を明るくして泥棒に威嚇できます。

帰宅時は異常に早く気づく可能性もあり、侵入者との鉢合わせの危険を回避できることがあります。

節電のコツは、感知後の点灯秒数を数秒にすることです。

これをやれば、防犯センサーライトが持つ本来の防犯効果をさらに生かすことができます。