バルコニーの周辺に防犯砂利を敷きたい-レンガ素材は?

結論

戸建てのバルコニー周辺に防犯砂利を敷きたいとき、以下の条件であればレンガ素材が効果的です。

  • バルコニーの防犯意識の高さをアピールしたい
  • バルコニーの周辺に侵入したのが音でわかるようにしたい
  • 近所の迷惑にならない(あるいは了承を得ている)
  • 大雨でも防犯砂利が流されないようにしたい
  • バルコニー周辺の湿度や水はけを良くしたい
  • 洋風のデザインに合う防犯砂利にしたい
  • 費用は他の素材より抑えたい
  • 交通量の多い道路や線路、学校など、常時大きな音がある環境ではない

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

レンガ素材のメリット バルコニー周辺に防犯砂利を敷く

レンガ素材のメリットは以下になります。

  • バルコニーの周辺に侵入したのがすぐわかる
  • 防犯意識の高さをアピール
  • 音で威嚇
  • 砂利を敷く作業の負担が軽い
  • 除草が楽になる
  • 安い
  • 湿度を一定に保つ
  • 水はけが良くなる
  • 洋風のデザインに合う
  • 履物に汚れがつきにくい

バルコニーの周辺に侵入したのがすぐわかる

バルコニーに侵入しようとして近づくと、防犯砂利を踏んでしまうように敷いておけば、防犯砂利を踏む音でわかります。

普通の砂利でも音が出ますが、防犯砂利はそれ以上の音が出るようになっています。周囲が寝静まった深夜は、よけい音が響きます。

バルコニーの周辺は人の目が届きにくい場所ですが、音によって人に気づかれますので、侵入者にとっては不都合です。

防犯意識の高さをアピール

バルコニーの周辺に防犯砂利を敷いていると、離れたところからもわかります。

侵入者に、「防犯対策している」とアピールできます。

音で威嚇

泥棒などの侵入者は音を嫌います。人が砂利を踏むと、どうしても音が出ます。

侵入者が不用意にバルコニーに近づいて、防犯砂利に気づかずに踏むと予想以上(70デシベル以上)の音が出ます。

ここで侵入者に威嚇することができます。

人間が「うるさい」と感じるのは60デシベル以上なので、効果は十分です。

泥棒などの犯罪者が、一度これを経験すると次からこの家を標的にしづらくなります。

砂利を敷く作業の負担が軽い

レンガ素材の防犯砂利は比較的軽いので、バルコニーの周辺に敷く時の作業負担が軽くなります。

除草が楽になる

防犯砂利を敷くと、雑草が生えにくくなるので除草作業が楽になります。

安い

レンガ素材の防犯砂利は、製造工程で製品化できなかったり、建材として余った場合のレンガを原料とするので、コストが安く安価で販売されているのが多いです。

湿度を一定に保つ

レンガは多孔質なので、湿度を一定に保つ効果があります。

バルコニー周辺の湿度に問題を感じる場合は効果的です。

水はけが良くなる

レンガは多孔質なので、水はけが良くなる効果があります。

雨の日など、レンガ素材の防犯砂利を敷いている場所は水が溜まりにくくなります。

洋風のデザインに合う

バルコニーの周辺の場合は、デザイン性をさほど意識しないかもしれませんが、全体の調和を考えてレンガ素材が合う場合は効果的です。

好みによりますが、たいていは洋風の演出として使うケースが多くなるでしょう。

履物に汚れがつきにくい

防犯砂利を敷くと、靴などの履物に汚れがつきにくくなります。

レンガ素材のデメリット バルコニー周辺に防犯砂利を敷く

レンガ素材のデメリットは以下になります。

  • 侵入者の靴跡が残りにくい
  • 近隣の音にかき消されることもある
  • 近所への迷惑
  • 飛散・粉塵・流出の問題
  • 掃除がやりにくい

侵入者の靴跡が残りにくい

防犯砂利は、泥棒など犯罪者の靴跡が残りにくいデメリットがあります。

近隣の音にかき消されることもある

防犯砂利は、音で防犯効果を発揮します。

ですが、近隣の音が大きい場合はその音にかき消されることもあります。

たとえばこんなときは防犯効果を発揮できなくなります。

  • 雨、とくに大雨のとき
  • 近所で工事をしている
  • 台風などの風の音が大きい
  • 近くで祭りなどイベントをしている
  • 学校が近くにあっていつも音が大きい
  • 線路が近い
  • 近くの道路の交通量が多い

隣家への迷惑

防犯砂利の音が、隣家から「うるさい」と思われ、クレームになる恐れもあります。

飛散・粉塵・流出の問題

レンガ素材の防犯砂利は、他の素材に比べると軽くて砕けやすいです。

そのため、砕けて粉塵になって飛散しやすくなります。

また、大雨のときなどは流出して、周囲に迷惑になる可能性もあります。

掃除がやりにくい

防犯砂利は除草効果があるのはメリットですが、反面で他の掃除はめんどうになります。

掃き掃除は、土やコンクリートだとスムーズですが、防犯砂利だとこれがやりにくくなります。

雪かきも、土やコンクリートのようにはいきません。

飼い犬や猫の糞の掃除も土やコンクリートのようにはいきません。

バルコニーの周辺は、よその猫の通り道になるケースもあるでしょうから、その糞のかたづけも少々やっかいです。

レンガ素材の注意点 バルコニー周辺に防犯砂利を敷く

レンガ素材の注意点は以下になります。

  • 近所に配慮する
  • 厚めに敷く
  • 除草が不可欠

近所に配慮する

音が近所の迷惑になりそうであれば、防犯砂利の上を歩かないよう日頃から気をつけたほうがいいでしょう。

事前に隣家の人に了承をもらうのもいいかもしれません。

協力して防犯に取り組めば、相乗効果も期待できます。

厚めに敷く

砂利がこすれ合って音が出るには、ある程度の厚みが必要です。3~5cmくらいが適当と言われています。

除草が不可欠

防犯砂利を敷くと雑草が生えにくくなりますが、雑草を放っておくと音が出にくくなります。

ですので、雑草をそのままにするのは危険です。

レンガ素材の防犯砂利を敷く前に、除草した後に防草シートを敷くと雑草が生えにくくなります。

レンガ素材の特徴

レンガ素材の特徴は、以下になります。

  • 原料は廃レンガ
  • 多孔質
  • 軽い
  • 砕けやすい

原料は廃レンガ

レンガ素材の防犯砂利は、製造工程で製品化できなかったり、建材として余った場合のレンガを原料として使用しています。

多孔質

多孔質なので、水分や湿気をよく吸着します。そのため、湿度を一定に保つことができます。

軽い

レンガ素材の防犯砂利は軽いです。ガラス素材ほどではないですが、セラミックや天然石に比べると軽い素材です。

砕けやすい

これもガラス素材ほどではないですが、レンガ素材の防犯砂利はセラミックや天然石に比べると砕けやすい素材です。

バルコニーの危険性

屋外(一階バルコニー)の危険性は以下になります。

  • 一階のバルコニーは侵入しやすい
  • 一階のバルコニーはポイ捨ての被害がある
  • 一階のバルコニーは人の視線にさらされやすい
  • 上階のバルコニーは油断しやすい
  • バルコニーは情報収集に使われる
  • 泥棒などの侵入口

一階のバルコニーは侵入しやすい

一階のバルコニーは、高さもそれほどないので侵入が容易な場所と言えます。

バルコニーに入ってしまえば、窓よりも足場が安定しているので、泥棒などの侵入者にとっては作業しやすい場所といえます。

ポイ捨て

一階のバルコニーが面している道路から近いと、ポイ捨ての被害にあうこともあるでしょう。

人の視線

一階のバルコニーは、高さが人の目の高さとそんなに差がありません。そのため、通り過ぎる人の視線にさらされることが多くなります。

覗きの対象にもなりやすいでしょう。

上階のバルコニーは油断しやすい

上階のバルコニーは、心理的に油断しやすく、出入り口の窓を施錠し忘れる場合もあります。なかには、全く施錠しないところもあるようです。

バルコニーは情報収集に使われる

バルコニーは、洗濯物を干す場所に使われるので、泥棒などの侵入者にとっては、家族構成などの情報を事前に収集できます。

洗濯物から、家族の人数や性別や年齢構成などがある程度は推測できてしまいます。

侵入者にとっては、家族の情報が多いほど、侵入の場所や時間帯を決めやすくなります。

まとめ

バルコニーは足場が安定しているので、侵入者にとっては好都合です。

バルコニーは侵入者の情報収集に使われてしまいます。

上階のバルコニーは油断しやすく、ついつい窓を施錠しないこともあります。

一階のバルコニーは、侵入者にとって「侵入しやすい場所」になってしまいます。

また、人通りが多くて道路に近いと「ポイ捨て」などの被害にあうことがあります。

防犯砂利は歩くと音がするので、バルコニーに侵入しようとした泥棒などに威嚇できます。

レンガ素材の防犯砂利は多孔質なので、水はけがよく、湿度を一定に保つ効果があります。

バルコニーの周辺の湿度が気になる場合は効果的です。

レンガ素材の防犯砂利は安価なので、バルコニーの周辺に敷く量が多いときはより経済的です。

防犯砂利は除草や掃除などメンテナンスでは注意点があります。