OpenSea

最終更新日:2021-7-22

オープンシー(OpenSea)は、最王手のNFTマーケットプレイス。2017年12月ローンチ。

販売方法

定額やオークションでの販売が可能。

  • 定額販売
  • イングリッシュ・オークション:最低価格から開始して最高価格で落札
  • ダッチオークション:最高価格から開始して最低価格で落札

有名な作品

  • Beeple
  • せきぐちあいみのVRアート
  • CryptoPunk

対応しているブロックチェーン

OpenSeaは複数のブロックチェーンに対応。

  • イーサリアム
  • Matic
  • Klaytn(クレイトン)
  • Tezos(テゾス)
  • Polygon(ポリゴン):予定

理由

OpenSeaのマーケットプレイスの基盤となっているのは、Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーン。

イーサリアムブロックチェーンは、NFTブームに追いつくのに苦労しているようで、高額な「ガス代」をユーザーに負担させることもあるようです。これではユーザーがNFTの売買に消極的になってしまう。

これがマーケットプレイスの成長を阻んでいると、OpenSeaはみているようです。

OpenSeaが欲しいのは、NFTの売買手数料ですから。

この問題を回避するために、OpenSeaは複数のブロックチェーンに対応しようとしているようです。

他にも理由がありそうですが、まだ調査できていない状況です。

オープンシー(OpenSea) NFT市場で注目の企業

2021-7-22

今年に入って活発なNFT市場で活躍している、オープンシーの評価額が15億ドルに達し、ユニコーン企業の仲間入りをしたようです。

Learn More

キンコン西野氏がプペルのイラストをNFTオークションに

2021-7-18

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが、20217月14日に新作絵本「みにくいマルコ」内のイラスト3点をNFTオークションとしてマーケットプレイス「OpenSea」に出品。

Learn More