twitter

ジャック・ドーシーCEOが考える、「インターネット・ネイティブ通貨」構想が興味深い。

最終更新日:2021-7-24

今後のツイッターに重要なキーワード

ドーシー氏は、今後のツイッターにとって重要なキーワードは以下であると、考えているようです。

  • AI(人工知能)
  • 分散化
  • ビットコイン

ここで気になるのは、「AI」と「分散化」は抽象的な表現ですが、「ビットコイン」だけはずいぶんと具体的です。なぜでしょうか。

ビットコインの重要性

ドーシー氏は、「インターネットにはネイティブ通貨が必要で、それはビットコインが最も適している。」と繰り返し発言してきています。

もし、前述の3つを同レベルで表現するならば、「AI」、「分散化」、「インターネット・ネイティブ通貨、あるいは暗号資産(仮想通貨)」ではないでしょうか。

でも、ドーシー氏にすれば「すでにビットコインという結論が出ている」と言いたいのかもしれません。 果たして、ドーシー氏のみたてどおりになるのでしょうか。

なぜネイティブ通貨が必要か

ドーシー氏は、「インターネット上に共通の通貨があれば、単なる通貨という枠組みを越え、ソーシャルメディアをより分散化し、経済的なインセンティブをさらに提供することができるようになる。」と語っています。

正直なところ、よく理解できていないのですが「経済的なインセンティブ」については、たとえば「投げ銭の小口化」があるのでは、と想像しています。

ツイッターにビットコインを導入した未来

ドーシー氏は、 「ツイッターにビットコインを導入した未来」について、以下のように考えているようです。

  • イノベーションが進む
  • より速いサービスを実現
  • ユーザーに新しいユースケースを提供

ここも正直、理解が追いついていないです。ただ、ヒントになる分野はNFT分野ではなかろうか、と想像していて、ここを切り口に調査を進めようと思っています。

ビットコイン・コミュニケーションへも貢献

ドーシー氏がCEOを務めるツイッター傘下の決済企業「Square」社は、ビットコインのコードの確認に取り組んでいるようです。

理由は、「コードのチェックをできる人が欠如している」ようで、これが「ビットコインの発展を遅らせている」と見ているようです。

ビットコインを、インターネットのネイティブ通貨の地位に押し上げて、それを確固たるものにするために積極的に取り組んでいるようです。

ジャック・ドーシーCEO ビットコインをツイッターのサービスに導入したい

2021-7-24

ツイッター社のジャック・ドーシーCEOは、「ビットコインは、AI(人工知能)、分散化とともに、今後のツイッターにとって重要なキーワードの1つ」という考えを示しました。

Learn More