仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)の種類や特徴などを観察しています。新しい仮想通貨もどんどん生まれるし、アルトコインの順位もすぐ変わり、飽きない世界ですね。

JasmyCoin(ジャスミー/JMY)

2019年末に誕生した暗号資産。日本発で、プライバシー保護を目的にしているのが特徴。

Learn More

solana(sol)

2021-10-3

「スマートコントラクト銘柄」であり、イーサリアム・キラーのひとつとして知られています。

Learn More

LINK(LN)

LINEが独自に開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain」を用いて発行された暗号資産です。

Learn More

ネム(NEM) → シンボル(Symbol)

ネム(NEM)とは、新しい経済運動(New Economy Movement)の略で、2015年に開発が始まった仮想通貨(暗号資産)です。

2021年3月、大型アップデートにより、ネムは「シンボル(Symbol)」という新しいプラットフォームとして生まれ変わりました。

Learn More

ビットコインキャッシュ(BCH)

2017年、ビットコインからハードフォークして生まれた暗号資産です。

Learn More

ライトコイン(LTC)

ビットコインのシステムを基盤として生まれた暗号資産です。

Learn More

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシックは、分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームです。

Learn More

イーサリアム(ETH)

時価総額2位の仮想通貨です。

最近は、DeFiやNFTが注目されるのに連動して、イーサリアムが脚光を浴びることが多くなりました。

Learn More

ビットコイン(BTC)

ブロックチェーンを利用することで、公的な発行主体や管理者の裏付けなしにネットワークを介して価値の保存や移転を行える構想です。

ビットコインはそれを受けて世界で初めて、運用が開始された暗号資産です。

Learn More

暗号資産の種類

世界で流通している仮想通貨(暗号資産)の種類は 約2,000と言われています。

あまりに多すぎて「なぜそんなに必要?」と思ってしまいます。

法定通貨はおそらく、その10分の1以下でしょう。

Learn More

暗号資産とは?

暗号資産(仮想通貨)とは、電子データのみでやりとりされる通貨です。

主にインターネット上での取引などに用いられます。

デジタル通貨(digital currency)ともいいます。

Learn More