イーサリアム(ETH)

最終更新日:2021-5-17

イーサリアムとは

時価総額2位の仮想通貨です。

最近は、DeFiやNFTが注目されるのに連動して、イーサリアムが脚光を浴びることが多くなりました。

イーサリアムは実は仮想通貨を指す言葉ではありません。分散型アプリケーションを意味します。

イーサリアムの特徴

  • 「スマートコントラクト」を使用した開発プラットフォーム
  • スケーラビリティ問題を「Plasma」技術で解決方向
  • 他のタイプの分散型アプリケーション(DApps)を開発しやすい
  • 発行上限や半減期がない

イーサリアムは公的な発行主体や管理者なしにユーザーが独自に定義した契約を自動執行できる「スマートコントラクト」を扱えます。

イーサリアムは単なる取引だけでなく、他のタイプの分散型アプリケーションを開発しやすい点でビットコインとは違います。

イーサリアムのマイニング

イーサリアムのマイニングは、ビットコインと同様に「Proof of Work(PoW)」と呼ばれる方法を採用しています。

PoWは最近「電力消費がかかる」ことが問題視されています。

そこでイーサリアムは電力消費の問題を解決するため、「Proof of Stake(PoS)」へ移行する方針です。

PoSも「一部のマイナーが報酬を独占することになる」問題を抱えています。