solana(sol)

最終更新日:2021-10-3

「スマートコントラクト銘柄」であり、イーサリアム・キラーのひとつとして知られています。また、様々なブロックチェーン・アプリケーションを支えています。

solanaの特長

solanaの特長は以下です。

  • イーサリアム・キラー
  • 高速
  • 低コスト
  • 高性能なプラットフォーム

イーサリアム・キラー

solanaは、イーサリアムの牙城を崩せるポテンシャルがあり、将来を期待されているイーサリアム・キラーです。

2021年8月には、そのポテンシャルを期待されて急上昇し、時価総額ランキング7位まで上昇しています。

高速

Solanaは、ブロックチェーン・ネットワークが抱えているスケーラビリティ(処理速度)問題に明確な答えを出しています。

Solanaは圧倒的とも言える「速さ」を示しています。これまでのブロックチェーンとは桁違いです。

トランザクションの処理能力の比較は概ね以下になります。

  • ビットコイン:毎秒5トランザクション
  • イーサリアム:毎秒15トランザクション
  • ソラナ:毎秒5万トランザクション

ソラナの処理能力はVISAと同等です。ですので、クレジットカードの処理能力と遜色がなく、日常的な利用に耐えうる性能ということになります。

低コスト

ソラナは速度だけでなく、コスト面でもビットコインやイーサリアムを圧倒しています。

  • ビットコイン:15ドル
  • イーサリアム:10~20ドル
  • ソラナ:0.0004ドル

ビットコインやイーサリアムなどは、取引件数が増えるたびに処理遅延や手数料の高騰に悩まされています。これをスケーラビリティ問題と言うそうです。

高性能なプラットフォーム

スケーラビリティ問題へはSolanaだかでなく、リップルなども取り組んできました。しかしSolanaは、この競争で大差で抜きん出ています。

この性能でSolanaは、様々なブロックチェーン・アプリケーションを支えています。

  • ステーブルコイン
  • DEX
  • イーサリアムとの相互ブリッジ

ステーブルコイン

ステーブルコインのUSDT(テザー)がSolanaでも稼働しています。

ステーブルコインは、アルトコインの中でも高速性を要求されると思うので、この動きは必然かもしれません。

DEX

Solana上にDEX(分散型取引所)を構築する動きもあるようです。

Serum(セラム)は暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが2020年7月に発表したDEX(分散型取引所)で、現在のDeFiの問題点の解消を目指しています。

Solana基盤のDEXであるRaydiumは、イーサリアム基盤の大手DEX、SushiSwapと統合することが発表されています。

dApps開発においてもイーサリアムからSolanaに移行するケースがみられるようで、イーサリアムに匹敵する、あるいは取って代わるという見方もあるようです。

イーサリアムとの相互ブリッジ

Solanaは、20年10月にイーサリアムとSolanaを相互に接続する、ブリッジ「Wormhole」を発表しました。

Wormholeによって、イーサリアムネットワーク上のトークンはSolanaの処理の速さや低コスト性といった恩恵を受けられるようです。

しかも、いつでもイーサリアムネットワーク上に価値を戻すことも可能となっています。

solanaの基本情報

Solanaの公式サイト https://solana.com/

2020年3月にローンチ。

Solanaブロックチェーン上で扱われる基軸通貨(トークン)はSOL(ソル)。

情報ソース

仮想通貨SOL(ソル)/Solana(ソラナ)とは?特徴と将来性・今後の予想を解説 | InvestNavi(インヴェストナビ)

ビットコインの5万倍の性能を持つ「Solana」のスゴさをブロックチェーン初心者でも分かるように解説する|salmon@blockchain|note

仮想通貨ソラナ(SOL)とは|注目ポイントと今後の将来性

高速ブロックチェーンSolana、テザー(USDT)に対応開始

Solanaプロジェクト、イーサリアムのネットワークへ双方向に接続する「Wormhole」を発表

ソラナ(Solana)とは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン|CoinChoice

仮想通貨SOL(ソル)/Solana(ソラナ)とは?特徴と将来性・今後の予想を解説 | InvestNavi(インヴェストナビ)

ソラナ(Solana)と他のブロックチェーンが繋がる?ワームホールがDeFiに与える影響とは?|CoinChoice