仮想通貨とは?

仮想通貨(暗号資産)とは、電子データのみでやりとりされる通貨です。

主にインターネット上での取引などに用いられます。

デジタル通貨(digital currency)ともいいます。

最初の暗号資産

最初の暗号資産は、ご存知ビットコイン(bitcoin)。

2009年に運用が開始。

その後、アルトコイン(altcoin)と呼ばれる派生の暗号資産が次々と生まれています。

「ふつうのお金」とどう違う?

「普通のお金」つまり法定通貨は、発行している国による強制通用力があります。

強制通用力とは、金銭債務の弁済手段として用いられる法的効力のことです。

暗号資産には法的な効力はありません。これが大きな違いです。

仮想通貨と暗号資産は違うの?

仮想通貨は古い呼び方で、暗号資産は新しい呼び方になります。

資金決済法の改正(令和2年(2020年)5月1日施行)により、法令上「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されました。

政府は「通貨」という呼称を避けたいのかもしれません。

法定通貨と暗号資産は交換できる?

取引所と呼ばれるところで交換できます。

政府は「通貨」という呼称を避けたいのかもしれません。

暗号資産の種類は?

主な暗号資産は以下になります。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • NEM
  • イーサリアムクラシック
  • LISK

暗号資産の将来性は?

「暗号資産に将来性はあるの?」という疑問が、特に初心者には湧きます。

結論から言うと、

  • 暗号資産が人々に認知される段階は過ぎた
  • 社会への浸透がどのように進むかの予測が中心

暗号資産は認知されている

「暗号資産は認知されている」という記事です。

(参考:CRYPTO TRENDS REPORT)

※英大手暗号資産ファンド「Coinshares」のレポート