戸建ての玄関ドア(引き戸)に補助錠を取り付ける効果

結論

戸建ての玄関(引き戸)に補助錠を設置したい場合、以下の条件のときに効果的です。

  • ピッキングができないようにしたい
  • 防犯の手の内をみられなたくない
  • 在宅・外出を悟られにくくしたい
  • 引き戸タイプにもワンドア・ツーロックを実現したい

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

内付けのメリット 玄関(引き戸)に補助錠を取り付け

内付けのメリットは、以下になります。

  • ピッキングができない
  • 防犯の手の内をみられない
  • 在宅・外出を悟られにくい

ピッキングができない

内付けなので、侵入者はピッキングができません。

防犯の手の内をみられない

侵入者は、どんな防犯対策しているか事前に確認できません。

取り付けが簡単

粘着シートで簡単に取り付けできる製品もあります。

在宅・外出を悟られにくい

内付タイプなので、補助錠によって在宅・不在がわかることはありません。

内付けのデメリット 玄関(引き戸)に補助錠を取り付け

内付けのデメリットは、以下になります。

  • 防犯意識の高さをアピールできない
  • 開錠の負担の重さを見せつけられない

防犯意識の高さをアピールできない

内付けなので、外からは見ることができません。ですので侵入者が下見した時、補助錠の存在をアピールできません。

そのため侵入者は、侵入を試みて初めて補助錠に気づくことになります。最終的に、侵入は防げるかもしれませんが、玄関の鍵を壊される被害はありそうです。

開錠の負担の重さを見せつけられない

空き巣などの侵入者にとって、解錠は時間との勝負です。補助錠の存在を見せられれば、侵入を断念させられる効果がありますが、内付けの場合はこれができません。

内付けの注意点 玄関(引き戸)に補助錠を取り付け

内付けの注意点は以下になります。

  • 引き戸の高い位置に取り付ける

引き戸の高い位置に取り付ける

引き戸の高い位置に取り付ければ、侵入者は解錠の時に全身を周囲にさらすことになります。

当然、侵入者はこれを嫌います。

内付け補助錠(引き戸向け)の特徴

内付けの特徴は以下になります。

  • 取り付け

取り付け

粘着シートで簡単に取り付けできる製品もあります。

玄関(引き戸)に補助錠を取り付ける効果

玄関(引き戸)に補助錠を取り付ける効果は、以下になります。

  • ワンドア・ツーロックは防犯の基本
  • メインの錠を交換するのは高くつく
  • 長期の不在でも安心

ワンドア・ツーロックは防犯の基本

玄関の引き戸に補助錠を取り付けると、空き巣などの侵入者が解錠するまでに、2倍の時間がかかることになります。

空き巣など侵入者は、侵入の手間が増えることを嫌います。

補助錠の存在を知るだけで、侵入者の意欲はハードルが上がります。

メインの錠を交換するのは高くつく

玄関ドアのメインの錠を交換するのは、やはり高くつきます。

その点、補助錠を取り付ける費用は安く済みます。

長期の不在でも安心

勝手口を補助錠で強化すると、旅行などで家を長期不在にする場合もより安全になります。

玄関の危険性

勝手口の危険性は、以下になります。

  • 空き巣の侵入口は玄関がダントツ
  • ギザギザタイプの鍵は開けやすい

空き巣の侵入口は玄関がダントツ

侵入窃盗件数のうち、その90%が玄関、窓、勝手口などの開口部を経由します。なかでも玄関が1位です。

ちょっとゴミ出しなど、すぐ戻るからと施錠せずに外出したときを狙われます。

すぐ戻るつもりが30分以上経過していた、というのはよくあるパターンです。

施錠していても、空き巣などの侵入者は「ピッキング」や「サムターン回し」などで解錠してしまう技術を持っています。

ギザギザタイプの鍵は開けやすい

玄関の鍵が、ピンタンブラーというギザギザタイプだと、空き巣などはピッキングという技法で簡単に開けてしまいます。

引き戸の場合は、特にこの鍵になっているケースが多いと思いますので要注意です。

まとめ

補助錠で玄関の引き戸もワンドア・ツーロックの基本を実行できます。

自分で取り付けできます。

内付けタイプなので防犯対策の手の内を見られません。

在宅・不在を、補助錠からは識別できません。

反面、「防犯意識の高さ」や「解錠の負担」を、空き巣などの侵入者に見せつけることができません。

長期で不在にするときにリモコンロック式の補助錠を取り付けておけば、安心感が増します。