ビットフライヤー 

最終更新日:2021-5-20

2014年に設立された、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所。

国内最大級の取引量。

特長

bitFlyerは、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られています。

CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されていて、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇っています。

スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能。

創業者の加納裕三氏は、一般社団法人 日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めています。

グループ子会社のbitFlyer Blockchainでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力しています。

取り扱う仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)

様々な手数料が無料

  • アカウント作成手数料
  • 販売所全通貨売買手数料
  • ビットコインFX取引手数料
  • 住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料

100円から始められる

ビットコインやリップル、モナコイン、イーサリアムなど12 種類の仮想通貨が少額から売買できるようです。

ビットコインFXが利用できる

「Lightning FX」では証拠金として、現金ではなくビットコインを預けることもできるようです。

仮想通貨で資金効率のよい取引にチャレンジできそうですが、中級レベル以上の方向きかもしれません。

かんたん操作で取引

土日祝日、いつでもどこでもスマホアプリやパソコンから、シンプルな操作画面で初心者の方でもかんたんに使えるようです。

セキュリティ対策

  • コールドウォレットでの保管
  • マルチシグの採用
  • サイバー攻撃を検知し保護

最短即日で取引

クイック本人確認の利用で、オンラインで本人確認が完結し最短即日で取引開始できるようです。

出資企業

国内のメガバンクなど、大手金融機関から出資を受けており、取引所の信頼は高く、運営上の資金も問題ないと言えます。

  • みずほフィナンシャルグループ
  • 第一生命
  • 三井住友グループ