LINE BITMAX 

最終更新日:2021-6-13

LINEの暗号資産サービス、LINE BITMAX。

名称:LINE BITMAX(ビットマックス)

サービス公開日:2019.09.17

サービスタイプ:法定通貨による仮想通貨の売買が可能な販売所サービス

取扱仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • LINK(LN)

2020年8月6日、LINEの独自暗号通貨「LINK」を取り扱い開始。

対象者

  • LINEアカウントをお持ちの方
  • 満20歳以上かつ満75歳未満の方
  • 日本国内に居住している方

手数料

  • 「BITMAX」への登録は無料
  • 日本円の入出金、仮想通貨の出庫には、所定の手数料あり
  • 仮想通貨の売買には手数料なし

レバレッジ

レバレッジ取引不可

LINE BITMAXのメリット

  • LINEが提供しているため信頼性が高い
  • スマホアプリから簡単に取引を行うことができる
  • LINE Payと連携することで利便性がアップ
  • セキュリティが万全で安心

LINEが提供しているため信頼性が高い

LINE BITMAXは国内大手通話アプリLINEのグループ会社が運営。

サポートは日本語対応。

スマホアプリから簡単に取引を行うことができる

LINEアプリ上からログインを行うことが可能。

そのため、追加でスマホアプリをインストールする必要がない。

LINEを開いた後に「LINEウォレット」を選択して、LINE BITMAXにログインする。

LINEからの利便性がLINE BITMAXの大きな特徴。

国内のLINEアクティブユーザーが月間約8,000万人。そのうちどれだけ取り込めるかが注目されている。

というよりも、暗号資産取引所を通じてのLINEユーザー拡大に焦点が当たるかもしれない。

LINE Payと連携することで利便性がアップ

LINE Payと簡単に連携することが可能。

LINE Payと予め連携していれば、残高をLINE BITMAXに入金可能。

LINE Pay自体の本人確認を行っていれば、LINE BITMAXと連携した時点で本人確認をパスすることが可能。

LINE Payからの利便性もLINE BITMAXの大きな特徴。

やはり、LINEユーザーの取り込み(あるいは、LINEユーザーの拡大)を最重視していると言えます。

この相乗効果が、他の取引所にはない特徴を浮き彫りにしていくかもしれません。

セキュリティが万全で安心

  • LINE・LINEワークスの設計・保守管理を行っている部門が対応
  • bitgoがリスク管理
  • コールドウォレットを使用して顧客のデータを保護