バンドワゴン効果 行動心理学

流行や周囲の評判に左右される心理。

最終更新日:2022-6-21

流行や周囲の評判に左右される心理。「同調効果」ともいう。

「みんなが良いと思っているモノは良いはずだ」「みんなやっているから安心」「みんな持っているから自分も欲しい」多数派の意見に引っ張られやすい大衆心理。

モノの価値を口コミに委ねる。スノッブ効果の逆の心理。

この心理傾向の人

  • 自分の判断に自信がない
  • 人が持っているから自分も欲しい
  • 流行に反応しやすい
  • 世の中の流行に乗り遅れたくない
  • 勝ち馬に乗りたい

バンドワゴン効果の背景にある心理

自分だけが損をするのは嫌。これは「損失回避性」に通じる心理です。人は利益より損失への関心が強い。だから損をしそうな機会はすぐに見つけて回避したい。

例えば以下になります。

  • 行列ができる店 → もっと行列ができる
  • フォロワーの多いSNS → もっとフォロワーが増える
  • いいねが多い

人気のある側がもっと人気がでる

選挙やタレント、スポーツチームなどで人気に差が出てくると、その差はもっと広がる傾向があります。これはバンドワゴン効果によるものです。

これには「人気のある側」がもつこんなイメージが後押ししています。

  • 人の心をワクワクさせ楽しい気持ちにさせる
  • 何かが起こる期待感が膨らむ
  • ポジティブなイメージを抱く

周囲が買えば買うほど売れる

スノッブ効果やヴェブレン効果とは反対の購買行動をします。

流行やヒット商品がこの傾向を示します。

スノッブ効果やヴェブレン効果、そしてバンドワゴン効果に共通して言えることは、モノの消費は他人の影響を受けてしまうということです。多かれ少なかれ、他人の目を気にしています。

使用方法

  • 複数のさくらを用意する
  • お店の人気№1商品
  • 売上№1
  • 今、もっとも売れています
  • 全米が泣いた
  • 支持率ナンバーワン

周囲に同調することはそんなに悪くない

ときどは判断ミスもあるということです。しかもそういう場合でも「自分だけじゃない」ので気持ちもいくぶん軽い。それに最悪の判断を避ける有効な手段でもあります。

でもマーケティングでも活用されるので、いつもそういう判断をしていたら引っ張られてしまう。