カリギュラ効果 行動心理学

禁止されたり、制限されたり、隠されたりすることでかえって気になってしまう裏腹な心理。

最終更新日:2022-6-19

「だめ」と言われたらよけいやりたくなる

悲しい人間の性です。

  • 決して見ないでください
  • 決して開けないでください
  • 決して買わないでください
  • 初めての方にはお売りできません
  • 肝心なところを隠されている
  • 雑誌の袋とじ
  • 閲覧禁止
  • 上映禁止
  • 放送禁止
  • 立入禁止
  • 悪用厳禁
  • 警告・注意
  • 速度制限→オーバーしたくなる
  • 誰にも言わないでね→言えと言っているようなもの
  • 茶髪禁止→よけいしたくなる
  • 化粧禁止→よけいしたくなる
  • ミニスカート禁止→よけいしたくなる

なぜ気になってしまうのか?

人には「自分のことは自分で決めたい」という本能があります。禁止されると「自分の自由を奪われた」と思ってしまい、抵抗したくなるのです。

ですので、禁止されることに抗うことで「行動の制限」というストレスから開放されたいという心理が働くのです。

しかも、「自分で選んだ行動」には価値を強く感じるのです。

失敗するダイエット

カリギュラ効果は強力であることを考えると、食事制限のダイエットはほぼ失敗します。「炭水化物を食べるな」と決めるとよけい食べたくなる。「甘いもの食べるな」だとよけい食べたくなる。必然です。

自分で「食べない」と決めたけど、「食べたい」自分は別にいる。だから成功しない。何度失敗したことか・・・・。

勉強しない子供

先程のダイエットの話といっしょで、勉強しないこどもに「勉強しなさい!」と口酸っぱく言っても逆効果ですね。

しかも何回も言えば言うほど逆効果は強まります。たいていは3回ぐらいまでが高価が残っていると言われているようです。その後は反抗する力が比例して強まるようです。

こういう場合、「勉強しなさい」の言葉はこどもにとっては「自分の自由を奪う言葉」になっています。

マーケティングへの活用

キャッチコピーによく合う

「○○な人は見ないでください」「○○な人は買わないでください」の「○○な人」が買って欲しいターゲットになります。

  • 「自分のことは自分で決めたい」という本能に訴えかける
  • 「もっとやってみたい、見たい」という自発的な好奇心を刺激する
  • 行動の制限というストレスから開放させる
  • 「自分で選んだ」価値を提供する

注意点

「○○しない」理由をていねいに説明して、行動の制限というストレスから開放させましょう。そうでないと逆効果になります。

「自分で決める」選択肢は捨てられない

人は身の危険を感じたら逃げないといけません。他人の言うことを聞いている余裕はないのです。だから行動を制限されると危険を感じてしまう。そこまでいかなくても嫌なのは確かです。