オープン外構に防犯用センサーライト?電池タイプが向いている場合

2019-07-09

結論

戸建てのオープン外構に防犯カメラを設置したい場合、以下の条件のとき電池タイプが効果的です。

  • オープン外構の周辺の日当たりが良くない
  • 停電のときも作動させたい
  • 電源のために配線工事はしたくない
  • 初期費用は抑えたい
  • 設置場所はなるべく自由度をもたせたい
  • オープン外構の周辺は人や車の往来がそんなに多くない

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

電池タイプのメリット 屋外(オープン外構)に防犯センサーライトを設置

屋外(オープン外構)なのに日当たりがよくない場所なら、電池タイプの防犯用センサーライトは有力な選択肢です。

停電でも作動

停電になると、オープン外構の犯罪リスクが増します。

電池タイプなら停電の時も作動します。これは大きな優位性でしょう。

設置が簡単

電源工事が不要なので設置工事も比較的簡単で、しかも初期コストに効果が出ます。DIYが苦手な方でも、比較的ハードルは低いでしょう。

配線工事を気にする必要がないので、設置場所の選定も比較的自由になります。

天候に左右されない

電池タイプは天候を気にしなくていいので、これがソーラータイプとの比較優位性になります。

景観への配慮

屋外に何かを設置する場合、景観への配慮がより気になります。

電池タイプの場合は、配線が不要なので景観に良い一面があります。

オープン外構を選択したということは、景観についてはとても気を配るかと思います。配線が不要になることは、大きなメリットになります。

オープン外構の美観に配慮したタイプの防犯用センサーライトを選択すると、景観の問題が一気に解決すかもしれません。

防犯だけでなく美観の手段として楽しむのもいいかもしれません。

電池タイプの注意点 屋外(オープン外構)に防犯センサーライトを設置

電池交換

電池タイプの弱点は交換が必要になることです。一般論ですが1か月~3カ月の間隔で交換作業が発生します。

また、面している道路の人通りや車の往来が多い場合は、防犯用センサーライトの作動頻度が多くなります。その分消費電力に影響してしまいますので、考慮すべきところになります。

電池タイプの注意点-屋外(オープン外構)に防犯用センサーライトを設置

電池の交換作業に配慮

電池タイプの防犯用センサーライトの場合、電池交換がネックになります。

ですので、電池交換がしやすい場所や高さに配慮したほうがいいでしょう。

電池の消耗に配慮(節電)

ライトの点灯秒数を短縮する

初期設定が30秒くらいのが多いかもしれません。でもこれは少し長いと思います。

たしかに、センサーライトが何かに反応したら怪しい可能性があるので、この程度の秒数は照らしたい心理が働きます。

ここで考えたいのは、センサーライトの効果です。センサーライトは感知して点灯しますので、常灯のライトより人目を引きやすくなります。

この効果を生かすには、点灯秒数を数秒程度にして、反応する度に点灯させる方がいいです。

こうすると、防犯効果が上がると同時に、確実に消費電力の節約になります。

昼間は反応しない設定にする

たいていの防犯用センサーライトにはこの機能があるはずです。

日頃、自宅周辺を歩いているときに昼間も点灯する防犯用センサーライトを見かけますが、これは電気代の無駄です。

昼間も点灯する設定にすると電池タイプなら、確実に電池不足になります。

盗難・破壊行為に注意

何とも皮肉な話ですが、防犯のためのセンサーライトそのものが盗難にあうことだってあります。

また、センサーライトが目的の盗難でなくても、目的の作業をする前にセンサーライトを破壊する行為も考えられます。

特に塀の場合は目が行き届きにくいので、「気づいたらセンサーライトがなくなっていた(あるいは壊れていた)」になりかねません。

電池タイプの防犯用センサーライトは、配線が不要な分設置が簡単というメリットがあり、しかも、電池交換しやすい位置に設置しないと日頃の電池交換が支障をきたします。ここが弱点にもなります。設置や取り扱いが簡単なら盗難もラクということになります。

盗難に備えるには、以下が有効です。

忍び返し

センサーライトの周辺に忍び返しを設置。

防犯カメラ

やはり防犯カメラが有効です。でも、防犯用センサーライトの盗難防止のために防犯カメラを設置しては本末転倒です。

防犯機器の盗難・破壊行為を考慮しなければならない状況であれば、防犯カメラとセンサーライトの組み合わせで、防犯対策を考えたほうがいいでしょう。

屋外(オープン外構)に防犯センサーライトを設置する効果

防犯意識の高さをアピール

オープン外構は見晴らしがよいので、離れたところからも防犯用センサーライトの設置がわかるので、「防犯対策している」ことを知らしめる効果があります。

防犯意識の高さをアピールできれば、泥棒などの犯罪者に「ここは捕まる可能性が高い」と思わせることができます。

威嚇効果

泥棒がオープン外構へ近づいてくると、防犯用の人感センサーライトが反応します。

ここで、犯罪者に威嚇することができます。

節電対策がしやすい

防犯用センサーライトは消費電力が少ないので、防犯カメラなどに比べて節電の対策がしやすいです。

ここで、犯罪者に威嚇することができます。

オープン外構の場合は、防犯用センサーライトを設置したい場所が増えるかもしれません。そんなときに節電対策が生きてきます。

敷地の境界をアピール

オープン外構は、道路や隣家と自宅の境界線がわかりにくいため、通行人も誤って敷地内に侵入してしまう難点があります。

そこで、防犯用の人感センサーライトで敷地内であることを知らせる効果があります。

オープン外構の周辺が明るくなる

センサーライトを設置することで、オープン外構の周辺を明るくできます。

泥棒などの犯罪者は見られることを嫌います。オープン外構の周辺が明るくなることで犯罪行為の牽制になります。

屋外(オープン外構)の危険性

オープン外構は開放感があって、おしゃれな雰囲気や広さを演出でき、人気の高い外構スタイルです。

見通しがよいので「狙われやすい家」にも見えますが、泥棒などの犯罪者にとっても「見られる」デメリットがあり、意外に防犯性が高くなります。

そうはいっても、見通しのよさで弱点を見つけられ、泥棒などの犯罪者に狙われる危険もはらんでいます。

弱点を見つけられる

オープン外構は見通しがよいので、泥棒などの犯罪者が弱点を見つけてしまう場合があります。

泥棒などが好都合な茂みを発見される場合もあります。

室外機の場所も、「足場に使える」かどうかを泥棒などに判断されやすくなる場合もあります。

駐車スペースから侵入される

オープン外構では、駐車スペースの車が泥棒などにとっては、数少ない「身を隠す場所」になる場合があります。

泥棒の侵入口

オープン外構は、侵入そのものが容易なので、屋内への侵入口になるケースがあります。

いたずら

いたずら目的、愉快犯などでオープン外構に被害がでるケースがあります。

ポイ捨て

オープン外構は境界ラインがわかりにくいこともあり、特に犯罪意識もなく、たばこなどをポイ捨てされるケースがあります。

悪質な常習者の場合は、相応の対処が必要でしょう。

まとめ

オープン外構は見通しが良いので、弱点を見つけられやすくなります。また、侵入が容易なので屋内への侵入口になるケースがあります。

電池タイプの防犯用センサーライトをオープン外構に設置するなら、日当たりがよくない場合は有力な選択肢になります。

オープン外構の美観に配慮して配線を避けたいので、電池タイプの防犯用センサーライトはおすすめです。

さらに、停電時も作動するメリットは大きいです。

節電のコツは、感知後の点灯秒数を数秒にすることです。これをやれば、防犯用センサーライトが持つ本来の防犯効果をさらに生かすことができます。