屋外(オープン外構)に防犯用センサーライト設置-効果と注意点

2019-07-06

結論

戸建てのオープン外構に防犯センサーライトを設置する場合、以下の条件のときに効果的です。

  • オープン外構の防犯意識の高さをアピール
  • オープン外構からの侵入をあきらめさせる
  • オープン外構の日当たりが良ければソーラータイプ
  • オープン外構の日当たりが良くなければ電池タイプか有線タイプ
  • 日々の手間を楽にしたいなら有線タイプ
  • 停電のときも作動させたいならソーラーか電池タイプ

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

屋外(オープン外構)に防犯センサーライトを設置する効果

防犯意識の高さをアピール

オープン外構は見晴らしがよいので、離れたところからも防犯用センサーライトの設置がわかるので、「防犯対策している」ことを知らしめる効果があります。

防犯意識の高さをアピールできれば、泥棒などの犯罪者に「ここは捕まる可能性が高い」と思わせることができます。

威嚇効果

泥棒がオープン外構へ近づいてくると、防犯用の人感センサーライトが反応します。

ここで、犯罪者に威嚇することができます。

節電対策がしやすい

防犯用センサーライトは消費電力が少ないので、防犯カメラなどに比べて節電の対策がしやすいです。

ここで、犯罪者に威嚇することができます。

オープン外構の場合は、防犯用センサーライトを設置したい場所が増えるかもしれません。そんなときに節電対策が生きてきます。

敷地の境界をアピール

オープン外構は、道路や隣家と自宅の境界線がわかりにくいため、通行人も誤って敷地内に侵入してしまう難点があります。

そこで、防犯用の人感センサーライトで敷地内であることを知らせる効果があります。

オープン外構の周辺が明るくなる

センサーライトを設置することで、オープン外構の周辺を明るくできます。

泥棒などの犯罪者は見られることを嫌います。オープン外構の周辺が明るくなることで犯罪行為の牽制になります。

防犯センサーライトのデメリット 屋外(オープン外構)に設置

隣家からの苦情

防犯用センサーライトを設置したいオープン外構が隣家と近く、猫やねずみに反応して頻繁に点滅されてセンサーライトの明かりが「うざい」と思われる恐れがあります。

防犯には、隣家との良好な関係がかなり重要です。その隣家との関係をこじらせては元も子もありません。

防犯センサーライトの注意点 屋外(オープン外構)に設置

死角をなくす

オープン外構は、泥棒などの侵入経路も増えるので、防犯用センサーライトを複数個所に設置して、死角をなくしたほうがいいです。

隣家への配慮

オープン外構が隣家と近く、センサーライトの明かりで隣家に迷惑がかかる場合があります。

こういう場合は、隣家と話し合って了承をもらう必要があるでしょう。

隣家の了承をもらえない場合は、防犯用センサーライトではなく他の防犯対策を検討したほうがいいでしょう。

ご近所の目は防犯を高めます。ご近所を防犯の味方にすれば強力ですが、敵にしてしまっては元も子もありません。

また、ご近所も防犯対策を検討中だったのであれば、こちらからの相談は「渡りに船」で、双方の出費を抑える提案になる可能性もあります。

相談したらメリット大です。

電源をどうやって確保するか

オープン外構の近くにコンセントが設置してあって、電源が簡単に取れれば問題ないですが、なかなかそういうわけにもいかないケースが多いのではないでしょうか。

オープン外構は屋外であり、屋内から比較的遠いのであれば、電源の確保が難しい場合があります。

もし日当たりが良ければソーラータイプは検討に値します。

日当たりが悪い場合は、電池タイプかコンセントタイプを検討したほうがいいでしょう。

防犯用センサーライトは、防犯カメラなどに比べて消費電力が少ないので、ソーラーや電池タイプでも十分に持つ事が多いです。

景観への配慮

オープン外構の場合、景観を強く意識すると思いますので、配線が目立つのが嫌な場合は対策が必要です。

  • 配線工事の専門の業者さんに依頼する
  • 配線が不要なソーラータイプか、電池タイプにする

探知範囲や方向の設定

ご近所に配慮する意味でも、探知範囲を微調整することをおすすめします。

ご近所に配慮しすぎて、肝心の防犯効果にマイナスだと意味がないので、ある程度は試行錯誤したほうがいいです。

屋外(オープン外構)の危険性

オープン外構は開放感があって、おしゃれな雰囲気や広さを演出でき、人気の高い外構スタイルです。

見通しがよいので「狙われやすい家」にも見えますが、泥棒などの犯罪者にとっても「見られる」デメリットがあり、意外に防犯性が高くなります。

そうはいっても、見通しのよさで弱点を見つけられ、泥棒などの犯罪者に狙われる危険もはらんでいます。

弱点を見つけられる

オープン外構は見通しよいので、泥棒などの犯罪者が弱点を見つけてしまう場合があります。

泥棒などが好都合な茂みを発見される場合もあります。

室外機の場所も、「足場に使える」かどうかを泥棒などに判断されやすくなる場合もあります。

駐車スペースから侵入される

オープン外構では、駐車スペースの車が泥棒などにとっては、数少ない「身を隠す場所」になる場合があります。

泥棒の侵入口

オープン外構は、侵入そのものが容易なので、屋内への侵入口になるケースがあります。

いたずら

いたずら目的、愉快犯などでオープン外構に被害がでるケースがあります。

ポイ捨て

オープン外構は境界ラインがわかりにくいこともあり、特に犯罪意識もなく、たばこなどをポイ捨てされるケースがあります。

悪質な常習者の場合は、相応の対処が必要でしょう。

まとめ

オープン外構は開放性が高いので、弱点を見つけられたり、侵入口に使われたりします。

防犯用センサーライトは、オープン外構の周辺を明るくして泥棒に威嚇できます。

また、通行する人に家との境界ラインを知らせてくれる効果も期待できます。

防犯用センサーライトは、ソーラーや電池タイプで十分間に合う可能性があります。

設置の際は、隣家への配慮が大切です。