屋外(オープン外構)の防犯対策

結論

オープン外構の防犯対策は、以下が有効です。

  • オープン外構の危険性を把握する
  • オープン外構からの侵入をあきらめさせる
  • 防犯センサーライトで夜間の防犯対策
  • 防犯砂利で昼間も防犯対策
  • 被害にあった場合を想定して防犯カメラ

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

屋外(オープン外構)の危険性

オープン外構は開放感があって、おしゃれな雰囲気や広さを演出でき、人気の高い外構スタイルです。

見通しのよさで弱点を見つけられて狙われる危険もはらんでいます。

弱点を見つけられる

オープン外構は見通しがよいので、泥棒などの侵入者が弱点を見つけてしまう場合があります。

侵入者が好都合な茂みを発見される場合もあります。

室外機の場所が「足場に使える」かどうか、身を隠せる場所はないか、侵入者に判断されやすくなる場合もあります。

駐車スペースから侵入される

オープン外構では、駐車スペースの車が泥棒などにとっては、数少ない「身を隠す場所」になる場合があります。

侵入口に使われる

オープン外構は、侵入そのものが容易なので、屋内への侵入口になるケースがあります。

いたずら

いたずら目的、愉快犯などでオープン外構に被害がでるケースがあります。

ポイ捨て

オープン外構は境界ラインがわかりにくいこともあり、特に犯罪意識もなく、たばこなどをポイ捨てされるケースがあります。

悪質な常習者の場合は、相応の対処が必要でしょう。

屋外(オープン外構)の防犯対策

オープン外構は開放性が高いので、弱点を見つけられたり、侵入口に使われたりします。

でも開放性が高いのは、侵入者にとっても「外部の視線にさらされる危険」を持ち合わせています。

オープン外構の見通しの良さを利用して、防犯意識の高さをアピールすると効果的です。

オープン外構の防犯対策は、以下の方法があります。

  • 防犯センサーライトを設置
  • 防犯カメラを設置
  • 防犯砂利を敷く

防犯センサーライトを設置

防犯センサーライトは、オープン外構の周辺を明るくして泥棒に威嚇できます。

ただ、防犯センサーライトは深夜に猫などに反応することもあるので、ご近所への配慮も大事です。

防犯カメラを設置

防犯カメラは証拠能力が高く、被害にあった場合には警察の対応にも良い影響を与えます。

防犯カメラをオープン外構に設置すると、犯罪者(空き巣などの泥棒やのぞき犯)に防犯意識の高さを強くアピールできます。

設置の際は、隣家への配慮が大切です。相談なしに設置すると「ご近所トラブル」の種になりかねません。双方で死角を補完し合うのもいいかもしれません。

防犯砂利を敷く

防犯砂利は歩くと音がするので、泥棒に威嚇できます。

オープン外構には、流出や飛散・粉塵に強い、硬くて重い素材が向いています。

DIYで敷く場合は、作業の負担を考えて、敷く場所や量などを検討された方がいいでしょう。

防犯砂利は除草や飛散、粉塵、流出対策などメンテナンスでは注意点があります。

また、飛散、粉塵、流出、音などご近所への配慮も大事です。

オープン外構に防犯センサーライトを設置する効果

オープン外構に、防犯センサーライトを設置する効果は以下になります。

  • 異常の発見が早くなる
  • 侵入者と鉢合わせになる危険を回避
  • 防犯意識の高さをアピール
  • 威嚇効果
  • 日頃の負担が少ない
  • オープン外構の周辺が明るくなる

異常の発見が早くなる

たとえば、帰宅途中で家の近くに来て、家には誰もいないはずなのに、オープン外構の防犯センサーライトが点灯しているケースです。

この場合、すぐに危険を察知できます。ここで、家族に連絡ができるし、警察に通報することが可能です。

防犯意識の高さをアピール

オープン外構は見通しがよいので、離れたところからも防犯用センサーライトの設置がわかりますから、「防犯対策している」ことを知らしめる効果があります。

防犯意識の高さをアピールできれば、泥棒などの侵入者に「ここはやめたほうがいい」と思わせることができます。

威嚇効果

泥棒がオープン外構へ近づいてくると、防犯用の人感センサーライトが反応します。

ここで侵入者に威嚇することができます。

節電対策がしやすい

防犯用センサーライトは消費電力が少ないので、防犯カメラなどに比べて節電の対策がしやすいです。

オープン外構の場合は、防犯用センサーライトを設置したい場所が増えるかもしれません。そんなときに節電対策が生きてきます。

オープン外構の日当たりが良ければ、ソーラータイプが最適でしょう。

敷地の境界をアピール

オープン外構は、道路や隣家と自宅の境界線がわかりにくいため、通行人も誤って敷地内に侵入してしまう難点があります。

そういう場合、防犯用の人感センサーライトが反応して、敷地内であることを知らせる効果があります。

オープン外構の周辺が明るくなる

センサーライトを設置することで、オープン外構の周辺を明るくできます。

泥棒などの犯罪者は見られることを嫌います。オープン外構の周辺が明るくなることで犯罪行為の牽制になります。

オープン外構に防犯砂利を敷く効果

オープン外構に、防犯砂利を敷く効果は以下になります。

  • オープン外構に侵入したのが音でわかる
  • オープン外構の防犯意識の高さを見せる
  • 音による威嚇
  • オープン外構の境目を知ってもらう

オープン外構に侵入したのが音でわかる

普通の砂利でも音が出ますが、防犯砂利はそれ以上の音が出るようになっています。

誰かがオープン外構に侵入していると、防犯砂利を踏む音でわかります。

周囲が寝静まった深夜は、よけい音が響きます。

オープン外構の防犯意識の高さを見せる

オープン外構は見通しが良いので、防犯砂利を敷いていると離れたところからも設置がわかります。

ですので、「オープン外構にも防犯対策している」と知らしめる効果があります。

泥棒などが遠くから「窓への足場があるけど、その下に防犯砂利を敷いている」とわかると、侵入を断念させる効果が期待できます。

音による威嚇

泥棒などの侵入者は音を嫌います。

人が砂利を踏むと、どうしても音が出ます。

泥棒などが不用意にオープン外構に近づいて、防犯砂利に気づかずに踏むと予想以上(70デシベル以上)の音が出ます。

ここで、泥棒に威嚇することができます。

人間が「うるさい」と感じるのは60デシベル以上なので、効果は十分です。

泥棒などの犯罪者が、一度これを経験すると次からこの家を標的にしづらくなります。

オープン外構の境目を知ってもらう

オープン外構は開放性が高く、境界がわかりにくい面があります。

そこで、普通に通行している人に境目を知ってもらう効果があります。

オープン外構に防犯カメラを設置する効果

オープン外構に、防犯カメラを設置する効果は以下になります。

  • 決定的な証拠
  • 防犯意識の高さを見せる
  • 抑止効果
  • 見通しの良さを生かせる

決定的な証拠

防犯カメラの効果は、なんといっても証拠能力の高さです。

被害にあった場合は、警察に証拠として提出できますし、その証拠能力の高さから警察の動きも格段に違ってきます。

防犯意識の高さを見せる

オープン外構は見通しが良いので、防犯カメラは離れたところからも設置がわかり、「防犯意識の高い家」として警戒してくれる効果があります。

抑止効果

泥棒などの侵入者は「見られる」ことを嫌います。

ですので防犯カメラの存在は犯罪の抑止効果としては絶大です。

泥棒に侵入を断念させる効果があります。

見通しの良さを生かせる

オープン外構は見通しが良いので、玄関や駐車スペースもまとめて監視できるか、お互いの死角を補完できる可能性が高くなります。

オープン外構の「見られる」特徴を有効活用して、侵入者に圧力をかけられます。

オープン外構は外部からの視線が入りやすく、侵入者はこれを嫌います。

そこへ防犯カメラの視線があると、泥棒などの侵入者にとって「侵入するにはリスクが高い家」ということになります。

さらに、オープン外構に防犯カメラを設置すると、いたずらやポイ捨てを抑止する効果も期待できます。

まとめ

オープン外構は開放性が高いので、弱点を見つけられたり、侵入口に使われたりします。

でも開放性が高いのは、侵入者にとっても「外部の視線にさらされる危険」を持ち合わせています。

防犯用センサーライトは、オープン外構の周辺を明るくして泥棒に威嚇できます。

防犯カメラは証拠能力が高く、被害にあった場合には警察の対応にも良い影響を与えます。

防犯カメラをオープン外構に設置すると、犯罪者(空き巣などの泥棒やのぞき犯)に防犯意識の高さを強くアピールできます。

双方で死角を補完し合うのもいいかもしれません。

防犯砂利は歩くと音がするので、泥棒に威嚇できます。

オープン外構には、流出や飛散・粉塵に強い、硬くて重い素材が向いています。

DIYで敷く場合は、作業の負担を考えて、敷く場所や量などを検討された方がいいでしょう。

防犯砂利は除草や飛散、粉塵、流出対策などメンテナンスでは注意点があります。

オープン外構の防犯対策は、隣家への配慮や相談が大切です。配慮や相談なしに設置すると「ご近所トラブル」の種になりかねません。