リモートワークのメリット・デメリット

世の中、「リモートワークを働き方の中心に据えよう」という流れを感じます。

個人的にも、期待していて正直ワクワク感もあります。

いわゆる会社員の場合
メリット

  • 転勤の負担やストレスから開放される
  • 出張の負担やストレスから開放される
  • 通勤時間がなくなる
  • 通勤コストがなくなる
  • 通勤の苦痛がなくなる
  • 嫌な上司、同僚と毎日顔を合わせる苦痛から開放される
  • 自分の成果を明確にできるチャンス
  • 家庭の事情(子育て、親の世話など)によるハンデが小さくなる
  • 専門技術を持っていると社内横断(支社や支店なども含め)的に求められる人材になるチャンス

 

デメリット

  • 通勤手当がもらえない(かも)
  • 目に見えない経費(web会議の時の自宅の電気代など)
  • 運動不足
  • 生活のリズムを再構築しないといけない
  • 気の合う同僚とのおしゃべりができない
  • 社内の非公式な動きが見えづらい
  • 自分の見えない努力、貢献が評価されづらい
  • アピールできる能力、技術がないと低評価に繋がる恐れ

 

 

経営者の場合
メリット

  • オフィスのコストが激安になる
  • 通勤手当など人件費が抑えられる
  • 情報共有の仕組みを再構築するチャンス
  • 社員の詳細な動向を見える化するチャンス

デメリット

  • 情報セキュリティ問題:情報漏えいのリスクが高まる
  • 社員の労務管理・人事管理を変えざるを得ない
  • 社員間のコミュニケーション不足のリスク
  • リモートワークへの対応が遅れたときにリスク
  • リモートワークへの対応を誤った時のリスク