勝手口に補助錠を取り付ける スマートロック式は?

結論

戸建ての勝手口に補助錠を取り付けたいとき、以下の場合スマートロック式が効果的です。

  • 防犯意識の高さをアピールしたい
  • 解錠の負担の重さを見せつけたい
  • 取り付けが簡単なのがいい
  • 鍵が不要なのがいい
  • 荷物が多い時に解錠が楽なのがいい

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

スマートロック式のメリット 勝手口に補助錠(外付け)を取り付け

スマートロック式のメリットは以下になります。

  • 暗証番号を記憶する必要がない
  • 鍵が不要
  • ピッキングができない
  • 防犯意識の高さをアピール
  • 解錠の負担の重さを見せつける
  • 取り付けが簡単
  • 荷物が多い時の解錠が楽
  • 施錠忘れがない

暗証番号を記憶する必要がない

スマートロック式の補助錠はスマホや電子マネーカードなどで解錠できます。

ですので、暗証番号を記憶したりどこかにメモしておく必要がありません。

鍵が不要

スマートロック式の補助錠は鍵が不要です。

勝手口の鍵が「あれ!どこに置いたかな?」となる心配がありません。

ピッキングができない

スマートロック式の補助錠は、構造上キーを差し込む鍵穴がありません。

当然ですが、侵入者はピッキングができません。

防犯意識の高さをアピール

スマートロック式の補助錠は外付けなので、侵入者に見せつけて防犯意識の高さをアピールできます。

解錠の負担の重さを見せつける

空き巣などの侵入者にとって、解錠までにかかる時間はとても重要です。

たとえ解錠に自信があったとしても、それにかかる時間が許容できないと実行はしないでしょう。

取り付けが簡単

スマートロック式の補助錠はドアに穴を開ける必要がなく、自分で取り付けできます。

荷物が多い時の解錠が楽

スマートフォンを近づけるだけで、開け締めができる製品もあります。

ハンズフリータイプの製品は、スマートフォンをバッグやポケットに入れたままでも解錠・施錠ができます。

勝手口は荷物の出し入れが多いですので、これは楽です。

マルチデバイスタイプはスマートフォンだけでなく、電子マネーをキーにすることができます。

施錠忘れがない

家を出てしばらくしてから「勝手口の鍵したっけ?」と不安になることもあります

その点、オートロック機能がある製品は、勝手口の施錠忘れがなくなります。

スマートロック式のデメリット 勝手口に補助錠(外付け)を取り付け

スマートロック式のデメリットは以下になります。

  • スマートフォンに問題が生じたらアウト
  • 防犯対策の手の内を見られる
  • 補助錠の製品を特定される

スマートフォンに問題が生じたらアウト

スマホで鍵の開け閉めができるのは便利ですが、当然ながらスマホがないと大いに困ります。

たとえば、こんなケースです。

  • スマホを忘れた
  • スマホが電池切れ
  • スマホが故障した
  • スマホを紛失した
  • スマホを盗まれた

防犯対策の手の内を見られる

スマートロック式の補助錠は外付けなので、勝手口にどんな防犯対策をしているか、下見で手の内を見られてしまいます。

侵入者がスマートロック式の補助錠だとわかれば、「スマートフォンを手に入れればいい」と計画するかもしれません。

補助錠の製品を特定される

スマートロック式の補助錠は外付けなので、勝手口に取り付けた製品を特定されてしまいます。

スマートロック式の注意点 勝手口に補助錠(外付け)を取り付け

スマートロック式の注意点は以下になります。

  • スマホの管理が命
  • 勝手口の高い位置に取り付ける

スマホの管理が命

スマートフォンで解錠・施錠するタイプは、スマートフォンの状態が正常でないと勝手口の出入りがまともにできません。

スマホの管理がもっと大事になります。

  • 充電切れさせない
  • 落とさない
  • 置き忘れしない
  • 紛失しない
  • 貸さない
  • 盗まれない

正直、私は自信ないです・・・考えすぎかもしれませんが。

勝手口の高い位置に取り付ける

スマートロック式の補助錠は外付けなので、勝手口の高い位置に取り付ければ、侵入者はピッキングのために全身を周囲にさらすことになります。

当然、侵入者はこれを嫌います。

スマートロック式の特徴

スマートロック式の特徴は以下になります。

  • 外出時にスマートロック
  • 鍵が不要
  • 取り付けが簡単

外出時にスマートロック

勝手口に取り付けておいた金具に錠を差し込んで、スマートロックをかけます。

鍵が不要

スマートロックなので、鍵を持ち歩く必要はありません。

取り付けが簡単

スマートロック式の補助錠はドアに穴を開ける必要がなく、ドアの凹凸を挟むだけなので自分で取り付けできます。

勝手口に補助錠を取り付ける効果

勝手口に補助錠を取り付ける効果は以下になります。

  • ワンドア・ツーロックは防犯の基本
  • メインの錠を交換するのは高くつく
  • 長期の不在でも安心

ワンドア・ツーロックは防犯の基本

勝手口に補助錠を取り付けると、空き巣などの侵入者が解錠するまでに、2倍の時間がかかることになります。

空き巣など侵入者は、侵入の手間が増えることを嫌います。

補助錠の存在を知るだけで、侵入者の意欲はハードルが上がります。

メインの錠を交換するのは高くつく

勝手口ドアのメインの錠を交換するのは、やはり高くつきます。

その点、補助錠を取り付ける費用は安く済みます。

長期の不在でも安心

勝手口を補助錠で強化すると、旅行などで家を長期不在にする場合もより安全になります。

勝手口の危険性

勝手口の危険性は以下になります。

  • 勝手口は狙われやすい
  • 泥棒にとって人目にさらされるリスクが低い
  • 勝手口は心の隙だらけ
  • 勝手口は人の目が届きにくい
  • 街灯の光が届きにくい

勝手口は狙われる

勝手口は、ゴミ出しや非常口などの用途で使うため、防犯対策においてもどうしても他の場所より優先順位を下げられてしまいます。

泥棒などの侵入者はそこにつけこみます。

勝手口は、泥棒に狙われるリスクは窓ほどではないですが、それでも家全体からしたら多い方になります。

侵入窃盗件数のうち、その90%が玄関、窓、勝手口などの開口部を経由します。

泥棒にとって人目にさらされるリスクが低い

家の裏手にある勝手口は、泥棒にとって人目にさられるリスクが低いので狙いやすいのです。

勝手口は心の隙だらけ

勝手口は、家のなかでも防犯対策の優先順位が低くなりがちです。ここを泥棒につけこまれます。

勝手口は人の目が届きにくい

勝手口がある場所は人や車の往来が少ない場所が多く、人の目が届きにくい場所になりがちです。

泥棒にとっては時間に余裕ができる場所になってしまいます。

勝手口は街灯の光が届きにくい

玄関は道路に面している場合が多く、周辺の街灯も多くなります。

その反面、勝手口がある場所は街灯の光が届きにくい場所になりがちです。

泥棒にとっては狙いやすい場所になります。

まとめ

勝手口は防犯対策を後回しにしがちですが、そこを泥棒などにつけこまれます。

スマートロック式の補助錠は、ワンドア・ツーロックの基本を実行できる補助錠です。

自分で取り付けできます。

鍵を持ち歩く必要がありません。

暗証番号を記憶する必要もありません。

スマートフォンの管理が命です。

外付けタイプなので「防犯意識の高さ」や「解錠の負担」を、空き巣などの侵入者に見せつけることができます。

反面、外付けタイプなので防犯対策の手の内を見られてしまいます。

また、外付けタイプは在宅・不在がわかりやすいデメリットもあります。