勝手口(屋外)に防犯カメラ?電源は有線タイプが向いている場合

2019-08-01

結論

戸建ての勝手口に防犯カメラを設置したいとき、以下の条件であれば有線タイプが効果的です。

  • 勝手口周辺の日当たりが良くない
  • 勝手口が面している道路の人や車の往来がわりと多い
  • 防犯カメラへは電気は安定して供給したい
  • 勝手口での配線はDIYできちんとできる、または専門の業者さんに任せる
  • 配線工事の費用は想定している、または勝手口に既にコンセントを設置してある
  • 電池交換はめんどくさいのでやりたくない
  • 停電のときは作動しなくてもかまわない、あるいは停電対策は考えている

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

有線タイプのメリット 防犯カメラを勝手口に設置

電源を有線にしてコンセントに接続するタイプのメリットは、天候に左右されない、電池切れがないなど日頃の手間が軽減されることです。

電気の供給が確実

有線タイプは電気の供給が確実ですので、日当たりや天候、電池切れなどによる電気の供給を心配をする必要がなく安心していられます。

天候に左右されない

ソーラータイプは天候に左右されてしまいますが、有線タイプはその心配がありません。

日頃の負担が少ない

面している道路の人通りや車の往来が多い場合は、防犯用センサーライトの作動頻度が多くなります。

その分消費電力に影響してしまい、電池タイプの場合は電池交換の頻度も高くなります。

性格がまめな人は大丈夫でしょうが、そうでなければ、日ごろの手間がかかるとうっとうしくなり、せっかく防犯カメラを設置したのに電池切れで機能しなくなる、ということになりかねません。

その点、有線タイプは手間いらずになります。

有線タイプのデメリット 防犯カメラを勝手口に設置

停電

停電になると勝手口の犯罪リスクが増します。

コンセントから電源をとると、停電の影響を受けてしまいます。

初期コスト

有線タイプは配線の材料費や、専門の業者さんに任せた場合は工事費も発生します。

景観への配慮

有線タイプはどうしても配線が気になります。

有線タイプの注意点 勝手口に防犯カメラを設置

戸建ての場合、勝手口は防犯対策が後回しになりがちです。

泥棒などはそこにつけこみます。

ケーブルの保護や景観

電源や映像データのケーブルを、耐久性のある保護材で保護したり、景観を損なわないようにきれいに配線するには、やはり専門の業者さんに任せた方がいいでしょう。

夜間の監視

有線タイプの場合も、夜間の監視は注意が必要です。

照明付きか、あるいは別途に照明を設置したほうがベストです。

この場合、センサーライトを別途設置するとか、センサーライト付きの防犯カメラを選択する方法があります。

有線タイプの場合は電気供給の心配がないので、センサーライト付きの防犯カメラでも安定稼働ができるでしょう。

赤外線照明という選択肢もあります。

この場合は白黒の画像になりますが、隣家への配慮で照明が問題になる場合は効果あります。

ただし、赤外線はガラス越しに対応できないので注意が必要です。

赤外線がガラスに反射してしまい撮影しても昼間の逆光のひどい状態になってしまいます。

盗難・破壊行為に注意

何とも皮肉な話ですが、防犯のための防犯カメラそのものが盗難にあうことだってあります。

また、防犯カメラが目的の盗難でなくても、目的の作業をする前に防犯カメラを破壊する行為も考えられます。

特に勝手口の場合は目が行き届きにくいので、「気づいたら防犯カメラがなくなっていた(あるいは壊れていた)」になりかねません。

この場合、「映像がなければすぐ気が付くだろう」と思いがちですが、たしかに防犯カメラを設置した頃はまめに映像を確認するでしょうが、慣れてくるとおろそかになってきます。

玄関や駐車場の防犯カメラなら、そうでもないでしょうが勝手口までとなると優先順位を下げがちになりますので、「気づいたら・・・」になってしまいます。

勝手口に防犯カメラを設置する効果

決定的な証拠

防犯カメラの効果は、なんといっても証拠能力の高さです。

警察に証拠として提出できますし、その証拠能力の高さから警察の動きも格段に違ってきます。

抑止効果

泥棒などの犯罪者は、「見られる」ことを何よりも嫌います。

防犯カメラの存在は犯罪の抑止効果としては絶大です。

通常、勝手口の防犯対策は優先順位が後回しになりがちで、泥棒はそこにつけこみます。

その勝手口に防犯カメラが設置してあると、「防犯意識の高い家」として警戒してくれる効果があります。

勝手口の危険性

侵入窃盗件数のうち、その90%が玄関、窓、勝手口などの開口部を経由します。

勝手口は、泥棒に狙われるリスクは窓ほどではないですが、それでも家全体からしたら多い方になります。

勝手口は、ゴミ出しや非常口などの用途で使うためか、防犯対策においてもどうしても他の場所より優先順位を下げられてしまいます。

泥棒はそこにつけこみます。

勝手口は心の隙だらけ

勝手口は、家のなかでも防犯対策の優先順位が低くなりがちです。

ここを泥棒につけこまれます。

街灯の光が届きにくい

玄関は道路に面している場合が多く、周辺の街灯も多くなります。その反面、勝手口がある場所は街灯の光が届きにくい場所になりがちです。

泥棒にとっては狙いやすい場所になります。

泥棒にとって人目にさらされるリスクが低い

家の裏手にある勝手口は、泥棒にとって、人目にさられるリスクが低いので狙いやすいのです。

まとめ

勝手口は防犯対策を後回しにしがちですが、そこを泥棒などにつけこまれます。

防犯カメラは泥棒に威嚇できます。

有線タイプの防犯カメラを戸建ての勝手口に設置するなら、日当たりがよくない場合は有力な選択肢になります。

また、電池交換など日頃の手間がほとんどないというメリットは大きいです。