補助錠を物置に取付-ダイヤルロック式のメリット

目次【記事の内容】

ダイヤルロック式のメリット 物置に補助錠を取り付け

ダイヤルロック式のメリットは以下になります。

  • ピッキングができない
  • 鍵を持ち歩く必要がない
  • 取り付けが簡単
  • 内側から開けられないデメリットを活用する
  • 防犯意識の高さをアピール
  • 電池切れを心配する必要がない

ピッキングができない

ダイヤルロック式の補助錠は、構造上キーを差し込む鍵穴がありません。

当然ですが侵入者はピッキングができません。

鍵を持ち歩く必要がない

ダイヤルロック式の補助錠は、暗証番号で解錠します。

鍵が不要なので、持ち歩く鍵を増やしたくないときに助かります。

取り付けが簡単

ダイヤルロック式の補助錠はドアに穴を開ける必要がなく、自分で取り付けできます。

内側から開けられないデメリットを活用する

外付けタイプの補助錠は内側からは開けられません。

ダイヤルロック式の補助錠も、そこは同じです。

このデメリットを活用することも可能です。

たとえば、介護が必要な家族がいて「徘徊」などで困っているケースです。

小さなお子様がいて、その子が物置を開けることができて、すぐ戻るけど、その間が心配なケースも使えそうです。

防犯意識の高さをアピール

ダイヤルロック式の補助錠は、外付けなので防犯意識の高さをアピールできます。

泥棒などに侵入の負担を想像させることができます。

空き巣などの侵入者にとって、解錠までにかかる時間はとても重要です。

たとえ解錠に自信があったとしても、それにかかる時間が許容できないと実行はしないでしょう。

電池切れを心配する必要がない

電子式の補助錠だと電池切れしないよう管理が必要ですが、ダイヤル式の場合はそれが必要なくなります。

ダイヤルロック式のデメリット 物置に補助錠を取り付け

ダイヤルロック式のデメリットは以下になります。

  • 防犯対策の手の内を見られる
  • 補助錠の製品を特定される
  • 内側からは開けられない

防犯対策の手の内を見られる

ダイヤルロック式の補助錠は外付けなので、物置にどんな防犯対策をしているか、下見で手の内を見られてしまいます。

在宅・不在がわかりやすい

ダイヤルロック式の補助錠は外付けで、しかも在宅の場合は取り外しておくタイプが多いです。

そのため泥棒などの侵入者にとっては、在宅か不在かわかりやすくなります。

侵入者に下見をされると、行動パターンも知られてしまいます。

補助錠の製品を特定される

ダイヤルロック式の補助錠は外付けなので、物置に取り付けた製品を特定されてしまいます。

内側からは開けられない

ダイヤルロック式の補助錠で施錠すると、内側からはドアを開けられなくなります。

ですので、家族が家にいるのに間違えて、ダイヤルロック式の補助錠で施錠してしまうと、家の中にいる家族が物置から出られなくなってしまいます。

笑い話のようなケースですが、いつも最後に外出する家族の方がたまたま先に外出すると、ついくせで補助錠をしてしまい「家族が家に閉じ込められた」なんていうことになってしまいます。

ダイヤルロック式の注意点 物置に補助錠を取り付ける

ダイヤルロック式の注意点は以下になります。

  • 物置ドアの高い位置に取り付ける
  • 暗証番号の管理
  • 内側からは開けられないので注意

物置ドアの高い位置に取り付ける

ダイヤルロック式の補助錠は外付けなので、物置の高い位置に取り付ければ、侵入者はピッキングのために全身を周囲にさらすことになります。

当然、侵入者はこれを嫌います。

暗証番号の管理

ダイヤルロック式の補助錠は、暗証番号がわからなければ侵入者は突破できません。

ですので暗証番号をしっかり管理することが大事です。

ダイヤルロック式の補助錠を暗証番号で解錠する際は、周囲から見られる角度を遮断する習慣をつけましょう。

内側からは開けられないので注意

ダイヤルロック式の補助錠で施錠すると、内側からはドアを開けられなくなります。

外付けタイプの補助錠の宿命ですので、こればかりは順応するしかなさそうです。

ダイヤルロック式の特徴

ダイヤルロック式の特徴は以下になります。

  • 外出時にダイヤルロック
  • 鍵が不要
  • 取り付けが簡単
  • ドアノブを覆うタイプがある

外出時にダイヤルロック

物置に取り付けておいた金具に錠を差し込んで、ダイヤルロックをかけます。

鍵が不要

ダイヤルロックなので鍵を持ち歩く必要はありません。

取り付けが簡単

ダイヤルロック式の補助錠はドアに穴を開ける必要がなく、ドアの凹凸を挟むだけなので自分で取り付けできます。

ドアノブを覆うタイプがある

ドアノブをすっぽりと覆い隠すタイプの、ダイヤルロック式の補助錠もあります。

補助錠の増設ができないときに便利です。

物置に補助錠を取り付ける効果

物置に補助錠を取り付ける効果は以下になります。

  • ワンドア・ツーロックは防犯の基本
  • メインの錠を交換するのは高くつく
  • 長期の不在でも安心

ワンドア・ツーロックは防犯の基本

物置に補助錠を取り付けると、空き巣などの侵入者が解錠するまでに、2倍の時間がかかることになります。

空き巣など侵入者は、侵入の手間が増えることを嫌います。

補助錠の存在を知るだけで、侵入者の意欲はハードルが上がります。

メインの錠を交換するのは高くつく

物置ドアのメインの錠を交換するのは、やはり高くつきます。

その点、補助錠を取り付ける費用は安く済みます。

長期の不在でも安心

物置を補助錠で強化すると、旅行などで家を長期不在にする場合もより安全になります。

屋外(物置)の危険性

屋外(物置)の危険性は以下になります。

  • 物置は母屋の上階への足場に使われる
  • かんたんな施錠だと盗難に遭いやすい
  • 情報収集に使われる
  • 物置が死角を作っている

物置は母屋の上階への足場に使われる

母屋と物置が隣接していると、母屋のベランダなどに簡単に侵入されてしまいます。

物置の防犯が弱いと母屋へ侵入も容易になります。

かんたんな施錠だと盗難に遭いやすい

物置には、いろんな物を「とりあえず置いとく」と思います。

以外と金銭的価値が高いとか、趣味に使うものだと「人気のグッズ」などがあります。

物置は母屋よりも防犯対策が行き届かないケースが多いはずですので、泥棒などはそこにつけ込みます

貴重なものでなくても、脚立などを置いて、施錠していないと上階や窓の侵入に使われてしまいます。

情報収集に使われる

外から見やすい物置であれば、泥棒などの情報収集に使われます。

物置の中にどんな物が入っているか、外からもわかりやすい。

物置の中や、周囲がずさんな状態だと「スキが多い家」と判断されてしまいます。

物置が死角を作っている

物置の周囲は、泥棒などが身を隠す場所になってしまいます。

また、物置と位置関係で、母屋のベランダや窓などが死角なってしまい、泥棒などが作業しやすい環境を作っていることがあります。

まとめ

物置は、母屋への足場に使われます。また、物置が死角を作ってしまうことがあります。

ダイヤルロック式の補助錠は、ワンドア・ツーロックの基本を実行できる補助錠です。

自分で取り付けできます。

鍵を持ち歩く必要がありません。

外付けタイプなので「防犯意識の高さ」や「解錠の負担」を、空き巣などの侵入者に見せつけることができます。

反面、外付けタイプなので防犯対策の手の内を見られてしまいます。

また、外付けタイプは在宅・不在がわかりやすいデメリットもあります。

外付けタイプの補助錠は、「内側からは開けられない」制約があるので、日々の生活では注意が必要です。

「内側からは開けられない」制約を活用できるケースもあります。

電池切れに注意です。