補助錠を戸建ての物置に取り付ける リモコンロック式は?

結論

戸建ての物置に補助錠を取り付けたいとき、以下の場合リモコンロック式が効果的です。

  • 荷物で両手がふさがっているときも楽に開錠したい
  • ピッキング対策
  • 取り付けが簡単なのがいい
  • ドアの内側・外側どちらからでも開けられるのがいい
  • 防犯の手の内を見られたくない
  • 在宅・不在がわかりにくいのがいい

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

リモコンロック式のメリット 物置に補助錠を取り付ける

リモコンロック式のメリットは以下になります。

  • 両手がふさがっている時に便利
  • ピッキングができない
  • 取り付けが簡単
  • 内・外どこからでも解錠・施錠ができる
  • キーは家族で持ち歩ける
  • 防犯の手の内を見られない
  • 在宅・不在がわかりにくい

両手がふさがっている時に便利

リモコンボタンを押すだけで開場できます。

両手が荷物でふさがっていても簡単に解錠できます。

物置は、ゴミ出しや買い物帰りの出入りに使うことが多いので便利ですね。

ピッキングができない

リモコンロック式の補助錠は、構造上キーを差し込む鍵穴がありません。

当然ですが、侵入者はピッキングができなくなります。

取り付けが簡単

粘着シートで簡単に取り付けできる製品もあります。

内・外どこからでも解錠・施錠ができる

リモコン操作なので、物置ドアの内・外どちらからでも解錠・施錠ができます。

外付けの補助錠だと、物置ドアの内側からは解錠できないタイプもありますので、この点は安心です。

取り付けが簡単

粘着シートで簡単に取り付けできる製品もあります。

キーは家族で持ち歩ける

リモコンキーは複数付いているので、家族で持ち歩けます。

でも、物置なので家族全員が保つ必要はないかもしれないですね。

防犯の手の内を見られない

リモコンロック式の補助錠は内付けなので、物置にどんな防犯対策をしているか、侵入者が下見で、発見できません。

当然、製品を特定できません。

侵入者は下見で、物置の出入りの動作から「補助錠があるかも」とまでは気づくかもしれませんが、「少ない情報では行動に移せない」となるかもしれません。

在宅・不在がわかりにくい

リモコンロック式の補助錠は内付タイプなので、補助錠によって在宅・不在がわかることはありません。

外付けの補助錠の場合は、在宅の場合は取外すタイプのものがあり、在宅・不在がわかりやすくなるタイプがあります。

リモコンロック式のデメリット 物置に補助錠を取り付ける

リモコンロック式のデメリットは以下になります。

  • 防犯意識の高さをアピールできない
  • リモコンキーを紛失したらまずい
  • 電池切れになったらまずい

防犯意識の高さをアピールできない

リモコンロック式の補助錠は、内付けなので当然外からは見えません。

ですので防犯意識のアピールの面では弱いです。

電池切れ

リモコンロック式の補助錠は、リモコン操作なので電動です。

ですので電池切れでは解錠すらできなり、家に入れない場合もあります。

リモコンロック式の注意点 物置に補助錠を取り付ける

リモコンロック式の注意点は以下になります。

  • 物置ドアの高い位置に取り付ける
  • 電池切れに注意
  • リモコンの数を確認
  • 乾電池の液漏れに注意

物置の高い位置に取り付ける

リモコンロック式の補助錠は外付けなので、物置の高い位置に取り付ければ、侵入者はピッキングのために全身を周囲にさらすことになります。

当然、侵入者はこれを嫌います。

電池切れに注意

電池切れに注意が必要です。

製品の中には、こんな機能がついているのもあります。

  • 電池残量をランプで知らせてくれる
  • 音で電池交換の時期を知らせてくれる
  • 電池残量が少ないと施錠だけはできないようになる

リモコンの数を確認

購入前に、リモコンの数が家族の人数分あるか確認しましょう。

長期間使わないときは乾電池の液漏れに注意

乾電池を使うタイプの製品は、長期間使っていないと液漏れする場合があります。

リモコンロック式の特徴

リモコンロック式の特徴は以下になります。

  • リモコンで操作してロック・アンロック
  • リモコンは複数ついている
  • 簡単に取り付け
  • 乾電池の液漏れに注意

リモコンで操作してロック・アンロック

外出や帰宅時にリモコン操作で施錠・解錠できます。

リモコンは複数ついている

家族で個別に持てます。

簡単に取り付け

粘着シートで簡単に取り付けできる製品もあります。

物置に補助錠を取り付ける効果

物置に補助錠を取り付ける効果は以下になります。

  • ワンドア・ツーロックは防犯の基本
  • メインの錠を交換するのは高くつく
  • 長期の不在でも安心

ワンドア・ツーロックは防犯の基本

物置に補助錠を取り付けると、空き巣などの侵入者が解錠するまでに2倍の時間がかかることになります。

空き巣など侵入者は、侵入作業の手間が増えることを嫌います。

補助錠の存在を知るだけで、侵入者の意欲はハードルが上がります。

メインの錠を交換するのは高くつく

物置ドアのメインの錠を交換するのは、やはり高くつきます。

その点、補助錠を取り付ける費用は安く済みます。

長期の不在でも安心

物置を補助錠で強化すると、旅行などで家を長期不在にする場合もより安全になります。

物置の危険性

屋外(物置)の危険性は、以下になります。

  • 物置は母屋の上階への足場に使われる
  • かんたんな施錠だと盗難に遭いやすい
  • 情報収集に使われる
  • 物置が死角を作っている

物置は母屋の上階への足場に使われる

母屋と物置が隣接していると、母屋のベランダなどに簡単に侵入されてしまいます。

物置の防犯が弱いと、母屋へ侵入も容易になります。

かんたんな施錠だと盗難に遭いやすい

物置には、いろんな物を「とりあえず置いとく」と思います。

以外と金銭的価値が高いとか、趣味に使うものだと「人気のグッズ」などがあります。

物置は、母屋よりも防犯対策が行き届かないケースが多いはずですので、泥棒などはそこにつけ込みます

貴重なものでなくても、脚立などを置いて、施錠していないと上階や窓の侵入に使われてしまいます。

情報収集に使われる

外から見やすい物置であれば、泥棒などの情報収集に使われます。

物置の中にどんな物が入っているか、外からもわかりやすい。

物置の中や、周囲がずさんな状態だと「スキが多い家」と判断されてしまいます。

物置が死角を作っている

物置の周囲は、泥棒などが身を隠す場所になってしまいます。

また、物置と位置関係で、母屋のベランダや窓などが死角になってしまい、泥棒などが作業しやすい環境を作っていることがあります。

まとめ

物置は、母屋への足場に使われます。また、物置が死角を作ってしまうことがあります。

リモコンロック式の補助錠は、ワンドア・ツーロックの基本を実行できる補助錠です。

自分で取り付けできます。

内付けタイプなので防犯の手の内を見せません。

内付けタイプは在宅・不在がわかりやすくなることはありません。

反面、「防犯意識の高さ」や「解錠の負担」を、空き巣などの侵入者に見せつけることはできません。

電池切れに注意してください。

電池残量の状態を知らせてくれる製品が安心です。