屋外(物置)に防犯カメラ 電池タイプは?

結論

戸建ての物置に防犯カメラを設置したい場合、以下の条件のとき電池タイプが効果的です。

  • 物置周辺の日当たりが良くない
  • 物置の防犯カメラは、停電のときも作動させたい
  • 物置は、電源のための配線工事はしたくない
  • 工事費など初期費用は抑えたい
  • 物置では、設置場所はなるべく自由度をもたせたい

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

電池タイプのメリット 防犯カメラを屋外(物置)に設置

電池タイプのメリットは以下になります。

  • 物置の防犯意識の高さをアピール
  • 停電でも作動
  • 設置が簡単
  • 工事代が不要
  • 設置場所を選べる
  • 天候に左右されない
  • 景観に配慮できる

物置の防犯意識の高さをアピール

防犯カメラの存在はは離れたところからもわかるので、侵入者に防犯意識の高さをアピールできます。

停電でも作動

停電になると、物置の犯罪リスクが増します。電池タイプなら停電の時も作動します。

設置が簡単

電源工事が不要なので、設置作業も比較的簡単です。DIYが苦手な方でもハードルは低いでしょう。

工事代が不要

電源の配線工事が不要なので、その分費用が浮きます。

設置場所を選べる

電池タイプは配線や日当たりを気にする必要がありません。ですので、設置場所もわりと自由になります。

防犯カメラは角度が大事になりますので、設置場所の自由度が高いのは助かります。

天候に左右されない

電池タイプは天候を気にしなくていいので、これがソーラータイプよりもメリットがあります。

物置の日当たりが良くなければ、なおさら電池タイプが向いています。

景観に配慮できる

屋外に何かを設置する場合、景観への配慮が気になります。電池タイプの場合は、配線が不要なので景観に良い面があります。

電池タイプのデメリット 防犯カメラを屋外(物置)に設置

電池タイプの注意点は以下になります。

  • 夜間の監視
  • 作動頻度が多い場所には向かない
  • 電池交換

夜間の監視

カメラの映像には明かりが必要です。

夜間は光が乏しくなるので、絶好のタイミングで映像に残っていても「ほとんど見えない」ということにもなります。

ライト内蔵タイプの防犯カメラだと、電池の消耗が急で「肝心なときに電池が切れていた」という心配もあります。

作動頻度が多い場所には向かない

物置が面している道路の人や車の往来が頻繁だと、電池の消耗が激しくて電池タイプでは持たない可能性が出てきます。

電池交換

電池タイプの弱点は電池交換が必要になることです。一般論ですが1か月~3カ月の間隔で交換作業が発生します。

物置が面している道路の人通りや車の往来が多い場合は、防犯用カメラの作動頻度が多くなります。その分電池の消費に影響してしまいます。

電池タイプの注意点 屋外(物置)に防犯カメラを設置

電池タイプの注意点は、以下になります。

  • 電池交換の作業に配慮
  • 夜間の監視
  • 盗難・破壊行為に注意
  • センサーの前に障害物を置かない

電池交換の作業に配慮

電池タイプの防犯用カメラの場合、電池交換の作業が手間になります。ですので、電池交換がしやすい場所や高さに配慮したほうがいいでしょう。

夜間の監視

電池タイプの場合も、夜間の監視は注意が必要です。

こんな方法があります。

  • 照明の確保
  • 赤外線照明

照明の確保

防犯カメラは、暗い時間帯が問題になります。物置周辺の街灯が多くて、明るさが確保できていればいいですが、そうでなければ対策が必要です。

照明付きの防犯カメラか、そうでなければ別途に照明を設置したほうがいいです。

この場合、センサーライトを設置するとか、センサーライト付きの防犯カメラを選択する方法があります。

照明付きの防犯カメラか、そうでなければ別途に照明を設置したほうがいいです。

この場合、センサーライトを設置するとか、センサーライト付きの防犯カメラを選択する方法があります。

ただ、電池タイプの場合は消費電力に注意が必要なので、センサーライト付きの防犯カメラの場合は安定稼働するかチェックが必要でしょう。

赤外線照明

赤外線照明という選択肢もあります。

この場合は白黒の画像になりますが、隣家への配慮で照明が問題になる場合は効果あります。

ただし、赤外線はガラス越しに対応できないので注意が必要です。

赤外線がガラスに反射してしまって、撮影しても昼間の逆光のようなひどい状態になってしまいます。

盗難・破壊行為に注意

何とも皮肉な話ですが、防犯のための防犯カメラそのものが盗難にあうことだってあります。

また、防犯カメラが目的の盗難でなくても、目的の作業をする前に防犯カメラを破壊する行為も考えられます。

「気づいたら防犯カメラがなくなっていた(あるいは壊れていた)」になりかねません。

効果的な方法は、別の角度からもう1台の防犯カメラを設置することです。そうすると、どちらかの防犯カメラにほぼ確実に映像が残ります。

センサーの前に障害物を置かない

障害物が防犯カメラの近くだと、センサーの働きをじゃますることがあるので注意が必要です。

センサーが感知できないとカメラも作動できないので、センサーの前には障害物がない状態にしましょう。

屋外(物置)に防犯カメラを設置する効果

防犯カメラを設置する効果は以下になります。

  • 物置で被害にあったとき決定的な証拠が得られる
  • 抑止効果

物置で被害にあったとき決定的な証拠が得られる

防犯カメラの効果は、なんといっても証拠能力の高さです。

警察に証拠として提出できますし、その証拠能力の高さから警察の動きも格段に違ってきます。

抑止効果

泥棒やのぞきなどの犯罪者は、「見られる」ことを何よりも嫌います。防犯カメラの存在は犯罪の抑止効果としては絶大です。

物置に防犯カメラが設置してあると、「防犯意識の高い家」として警戒してくれる効果があります。

また、物置が道路から近くて「ポイ捨て」しようとした人が、防犯カメラの存在に気づくとポイ捨て行為をやめる効果が期待できます。

実際、私がときどき通るところで、「ポイ捨て」に悩んでいそうな家があるのですが、ある日から防犯カメラを設置したところ、その家の屋敷にポイ捨てされている状態がほとんど見られなくなりました。

屋外(物置)の危険性

屋外(物置)の危険性は以下になります。

  • 物置は母屋の上階への足場に使われる
  • かんたんな施錠だと中のものが盗難に遭いやすい
  • 情報収集に使われる
  • 物置が死角を作っている

物置は母屋の上階への足場に使われる

母屋と物置が隣接していると、母屋のベランダなどに簡単に侵入されてしまいます。

物置の防犯が弱いと、母屋へ侵入も容易になります。

かんたんな施錠だと中のものが盗難に遭いやすい

物置にはいろんな物を「とりあえず置いとく」と思います。

以外と金銭的価値が高いとか、趣味に使うものだと「人気のグッズ」などがあります。

物置は、母屋よりも防犯対策が行き届かないケースが多いはずですので、泥棒などはそこにつけ込みます

貴重なものでなくても、脚立などを置いて、施錠していないと上階や窓の侵入に使われてしまいます。

情報収集に使われる

外から見やすい物置であれば、泥棒などの情報収集に使われます。

物置の中にどんな物が入っているか、外からもわかりやすい。

物置の中や、周囲がずさんな状態だと「スキが多い家」と判断されてしまいます。

物置が死角を作っている

物置の周囲は、泥棒などが身を隠す場所になってしまいます。

また、物置と位置関係で、母屋のベランダや窓などが死角になってしまい、泥棒などが作業しやすい環境を作っていることがあります。

まとめ

物置は母屋への足場に使われます。また、物置が死角を作ってしまうことがあります。

防犯カメラは、侵入者に威嚇できます。

被害にあった場合は、映像が決定的な証拠になります。

電池タイプの防犯カメラを物置に設置するなら、日当たりがよくない場合は有力な選択肢になります。