物置が心配・・・防犯カメラは?

結論

戸建ての物置に防犯カメラを設置する場合、以下の条件のときが効果的です。

  • 物置の防犯意識の高さをアピール
  • 物置からの侵入をあきらめさせる
  • 決定的な証拠
  • 物置の日当たりが良ければソーラータイプ
  • 物置の日当たりが良くなければ電池タイプか有線タイプ
  • 日々の手間を楽にしたいなら有線タイプ
  • 電気代を節約したいならソーラータイプ
  • 停電のときも作動させたいならソーラーか電池タイプ

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

屋外(物置)に防犯カメラを設置する効果

防犯カメラを設置する効果は、以下になります。

  • 防犯意識の高さをアピール
  • 侵入をあきらめさせる
  • 決定的な証拠

防犯意識の高さをアピール

防犯カメラは、離れたところからも設置がわかるので、「物置にも防犯対策している」とアピールする効果があります。

侵入者は、家の人が油断しやすい物置を観察して情報収集することがあります。その物置に防犯カメラが設置してあると、「防犯意識の高い家」として警戒してくれる効果が期待できます。

侵入をあきらめさせる

泥棒などの侵入者は、「見られる」ことを何よりも嫌います。物置に設置した防犯カメラの存在は、犯罪の抑止効果としては絶大です。

被害に遭ったときは決定的な証拠が得られる

防犯カメラの効果は、なんといっても証拠能力の高さです。

被害にあうと警察に証拠として提出できます。防犯カメラの映像データは、その証拠能力の高さから警察の動きも格段に違ってきます。

防犯カメラのデメリット 屋外(物置)に設置

防犯カメラのデメリットは、以下になります。

  • 近所への迷惑
  • 日々の映像チェック作業が大変

近所への迷惑

防犯カメラの向きや設置場所によっては、ご近所が「うちも監視してる?」ととられかねない場合があります。

日々の映像チェック作業が大変

防犯カメラを設置すれば、当然その映像をチェックする作業が発生します。日々の映像チェックは少なからず負担になってくるはずです

物置のチェックを重視する理由があれば別ですが、そうでなければ、「せっかく防犯カメラを設置したのに」映像をチェックしない日々になります。

そうなると、せっかくの防犯カメラが有効活用できないことになります。

防犯カメラの注意点 屋外(物置)に設置

防犯カメラの注意点は、以下になります。

  • 近所への配慮
  • 電源をどうやって確保するか
  • 防犯カメラを設置する場所
  • 夜間の監視
  • 録画方法
  • 解像度
  • 防水・防塵
  • 防犯カメラの盗難や破壊
  • センサーの前に障害物を置かない

近所への配慮

隣家への配慮が必要だと感じた場合は、防犯カメラを設置する前に、物置周辺のご近所に「うちを監視してる?」と誤解されないよう、事前に相談することをおすすめします。

もし、ご近所も防犯対策を検討中だったのであれば、こちらからの相談は「渡りに船」で、双方の出費を抑える提案になる可能性もあります。

双方が死角を補完し合えるように防犯カメラを設置して、事が起きた場合も双方で映像を提供し合えれば万全です。

電源をどうやって確保するか

コンセントを物置にも配置してあって、電源が簡単に取れれば問題ないですが、そうでない場合もあるかと思います。

物置の日当たりが良ければソーラータイプも検討に値します。日当たりが良くない場合は、電池タイプが選択肢になりそうです。

ただ、防犯カメラは消費電力がセンサーライトなどより多いので、ソーラータイプや電池タイプは事前にチェックしたほうがいいです。

防犯カメラを設置する場所

物置に防犯カメラを設置する際、その存在を見せたい場合は設置にさほど課題点はないでしょう。でも、ご近所への配慮が必要な場合は向きや設置位置をよく検討したほうがよいでしょう。

「防犯カメラ作動中」のステッカーも貼るのもいいと思います。

夜間の監視

防犯カメラが機能するには光が必要ですので、夜間の監視は注意が必要です。

こんな方法があります。

  • 照明の確保
  • 赤外線照明

照明の確保

照明付きか、あるいは別途に照明を設置したほうがベストです。この場合、物置にセンサーライトを別途設置する、あるいはセンサーライト付きの防犯カメラを選択する方法もあります。

ただ、ソーラータイプの場合はパワー不足に注意が必要なので、センサーライト付きの防犯カメラの場合は安定稼働するかチェックが必要でしょう。

赤外線照明

赤外線照明という選択肢もあります。白黒の画像になりますが、隣家への配慮で照明が問題になる場合は効果あります。

ただし、赤外線はガラス越しに対応できないので注意が必要です。赤外線がガラスに反射してしまい撮影しても昼間の逆光のひどい状態になってしまいます。

録画方法

録画方法については、室内なら特に問題にならないですが屋外の場合は問題が多くなります。自宅の物置もそうです。

こんな方法があります。

  • 防犯カメラ側で録画するタイプ
  • 防犯カメラから転送するタイプ

防犯カメラ側で録画するタイプ

SDカードが主流で、大容量も安価に購入できる時代になったことは大きなメリットです。

SDカードは抜き差しして、パソコンなどに取り込む必要があります。

録画時間は画質とSDカードの容量で決まります。

防犯カメラに取り付けられるSDカードを使う場合は、定期的に交換するために防犯カメラの設置場所である、物置に行く必要があります。

ですので、次回の交換までの十分な容量のSDカードを準備する必要があります。ただ、盗難や損壊を受けたときは録画データも消失します。そこは、この方法のデメリットになります。

防犯カメラから転送するタイプ

録画データをwifiなどで転送する方式の場合は、防犯カメラと録画媒体との距離に注意する必要があります。

この方式の最大のメリットは、日常の手間があまりかからないことです。

防犯カメラを設置するけど、本音を言うと防犯カメラが大活躍する状況を歓迎できるはずがありません。あくまでも、いざというときに役に立ってほしいだけなので、日常の手間がかかると煩わしくなります。

その点、防犯カメラから録画媒体にwifiなどで自動転送できるのと楽です。さらに録画媒体が大容量だと日常の手間がかからず快適です。

録画データをwifiなどで転送する場合、防犯カメラから記録媒体を置く自宅内との距離が問題になります。物置であれば、この問題が生じる可能性は低いでしょう。

またこの方法は、「防犯カメラの盗難や損壊時に効果あり」です。録画データを転送するので、たとえば盗難時の状況も転送先に録画できているということになります。

解像度

防犯カメラに、いざというときに役に立ってもらうには解像度は重要です。価格を気にして、設置後に解像度に問題があると後悔します。

でも、過剰なスペックも問題です。価格とのバランスで妥協点を見つけるのが大事です。

解像度が高ければ、SDカードなどの録画媒体のコストにも影響します。とはいっても最近のSDカードやモバイルHDDなどのコストパフォーマンスを考慮すると、さほど問題ないかもしれません。

防水・防塵

場所にもよりますが、自宅の物置が屋外なら防水・防塵に注意する必要があります。

防犯カメラの盗難や破壊

何とも皮肉な話ですが、防犯のためのカメラそのものが盗難にあうことだってあります。

また、防犯カメラが目的の盗難でなくても、目的の作業をする前に防犯カメラを破壊する行為も考えられます。

盗難に備えるには、防犯カメラを2台設置すると効果的です。もう1台から監視できる角度であると、盗難時の様子を克明に録画できます。双方の死角を補完しあうには、対角線上の配置が多くなるはずです。

録画方式にも注意が必要です。

防犯カメラに挿すSDカードなどに録画する方式だと、防犯カメラごと盗まれたり破壊されるデメリットがあります。

その点、録画データをwifiなどで転送する方式なら、少なくとも録画データは安全な可能性が高くなります。

これを警察に提出できれば、警察の捜査の助けになります。

センサーの前に障害物を置かない

センサーが感知できないとカメラも作動できないので、センサーの前には障害物がない状態にするのは必須です。

自宅の物置の場合、ちょっと空いている場所があるからと物をてきとうに置いておくことがあるかもしれません。そこが防犯カメラの近くだと、センサーの働きをじゃますることがあるので注意が必要です。

屋外(物置)の危険性

屋外(物置)の危険性は、以下になります。

  • 物置は母屋の上階への足場に使われる
  • かんたんな施錠だと中のものが盗難に遭いやすい
  • 情報収集に使われる
  • 物置が死角を作っている

物置は母屋の上階への足場に使われる

母屋と物置が隣接していると、母屋のベランダなどに簡単に侵入されてしまいます。

物置の防犯が弱いと、母屋へ侵入も容易になります。

かんたんな施錠だと中のものが盗難に遭いやすい

物置には、いろんな物を「とりあえず置いとく」と思います。

以外と金銭的価値が高いとか、趣味に使うものだと「人気のグッズ」などがあります。

物置は、母屋よりも防犯対策が行き届かないケースが多いはずですので、泥棒などはそこにつけ込みます

貴重なものでなくても、脚立などを置いて、施錠していないと上階や窓の侵入に使われてしまいます。

情報収集に使われる

外から見やすい物置であれば、泥棒などの情報収集に使われます。

物置の中にどんな物が入っているか、外からもわかりやすい。

物置の中や、周囲がずさんな状態だと「スキが多い家」と判断されてしまいます。

物置が死角を作っている

物置の周囲は、泥棒などが身を隠す場所になってしまいます。

また、物置と位置関係で、母屋のベランダや窓などが死角なってしまい、泥棒などが作業しやすい環境を作っていることがあります。

まとめ

物置は、母屋への足場に使われます。また、物置が死角を作ってしまうことがあります。

防犯カメラを屋外(物置)に設置すると、泥棒などの侵入者に防犯意識の高さをアピールできます。

被害にあった場合は、映像が決定的な証拠になります。

防犯カメラがご近所の迷惑にならないよう、事前の相談をおすすめします。相談なしに設置すると「ご近所トラブル」の種になりかねません。事前に相談すると、双方の防犯対策費を抑えられる可能性もあります。