米フィンテック企業CurrentがDeFiを融合

2021-5-19

Currentが銀行サービスを提供する自社のプラットフォームと、DeFi(分散型金融)プロジェクトのAcalaのネットワークを統合するようです。

目的

従来の金融サービスと、DeFiを組み合わせた「HyFi(Hybrid Finance)」という新しい分野の構築を考えているようです。

分散性を高め、お金の流れを再構築し、新しい価値をユーザーに提供する狙いです。

Current

チャレンジャーバンクとして知られ、わずか半年で会員数を倍増の200万人超達成。現在のユーザー数は約300万人。

閉鎖的な法定通貨のシステムと、オープンなプラットフォームをつなぐ「Current Core」という独自の技術を持っています。

Acala

Acalaは、異なるブロックチェーンの相互運用を目指すPolkadot(ポルカドット)で、DeFiサービスの提供する、今注目のプロジェクトです。

Acalaが提供するオールインワンのDeFiプラットフォームは、ステーク、スワップ、借入、貸し出し、収益化などの全てを低コストで提供します。