ステーブルコイン保険 ドルペッグ崩壊時の補償

2021-7-4

ブリッジミューチュアル(BMI)が計画中。

ステーブルコインのテザーが支援し、パートナーシップを締結。テザーがBMIトークンに100万ドルを投資

仮想通貨取引所ビットフィネックスも支援。

背景

ステーブルコインの価値は米ドルなど、別の資産にベッグ(固定)されている。

しかし、時価総額が数兆円のテザーがデペッグ(固定解除)されたら補償はない状態。

そのため、ステーブルコインは常にデペッグのリスクを抱えている。

このようなスマートコントラクトの脆弱性は、分散型金融(DeFi)での大きなリスクになっている。

ブリッジミューチュアルが企画した保険

対象のリスク

  • スマートコントラクトのハッキングや悪用
  • 取引所でのハッキング・盗難
  • ステーブルコインの価格暴落
  • デジタル資産の脆弱性に起因する資金損失

ステーブルコイン保険の仕組み

  • ペグ価格を下回った場合に補償請求
  • 支払は別のステーブルコイン

ペグ価格を下回った場合に補償請求

ステーブルコインが一定期間ペグ価格を下回った場合、保険契約者は補償を請求することができる。

支払は別のステーブルコイン

保険会社は、現在価格とペグ価格の差額を全て投資家に支払う。

その際、支払は別のステーブルコインで行われる。なぜだろう?

情報ソース

ステーブルコイン保険が登場、ドルペッグが崩れた場合に補償提供 | Cointelegraph | コインテレグラフ ジャパン

シールドファイナンス×ブリッジミューチュアル