スクエアがDeFiプラットフォームサービス事業を計画

2021-7-16

ノン・カストディアルの分散型金融(DeFi)サービスを簡単に提供する仕組みを提供する事業を立ち上げる。

目標

ユーザーが資産を自己管理する、つまり管理者不要・自由参加型・分散型の金融サービスを簡単に作れる、オープンな開発プラットフォームを構築する。

よくわからない。まったくの勉強不足。

オープンな開発プラットフォーム

専用のGithubアカウントを開設して、最新情報を提供するらしい。つまり、オープンソースにするということになる。

興味深い。できればオープンソースの開発プラットフォームを使ってみたい。

でも、正式な名前もまだ決まっていないらしい。

現在わかっていること

  • ビットコインに焦点をあてる
  • 開発者向けのプラットフォームを作成する
  • オープンソースにする
  • 名前はまだ決まっていない

DeFi

decentralized finance(分散型金融)。

現在の主流は、イーサリアムブロックチェーン上にスマートコントラクト技術を活用して構築されている。

取引履歴は、コピーを複数の人や組織が保有し、中央集権的に管理しない。

DeFiが注目されている理由は、ブロックチェーンを金融での複雑な用途に拡大することにあるようだ。

ということは、イーサリアムの牙城を崩す狙いか。

情報ソース

米スクエアがDeFi事業発表、オープンソースで開発へ | あたらしい経済

ビットコインによる分散型金融(DeFi)、ジャック・ドーシー率いる米スクエアが新部門立ち上げ | Cointelegraph | コインテレグラフ ジャパン

スクエア、DeFi向けサービスを開発──ビットコインにフォーカス - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス

ビットコインに焦点を当てたプラットフォーム「TBD」をモバイル決済サービス「Square」が発表 - GIGAZINE