CryptoGamesがLINE Blockchain上でNFT発行サービス開始

2021-8-27

CryptoGames株式会社が、NFTマーケットプレイス「NFTStudio」にLINE Blockchainプラットフォームを採用。

NFTStudioにLINE Blockchain採用

CryptoGames独自のNFTマーケットプレイス「NFTStudio」で、LINE Blockchainプラットフォームを採用。

一次流通を担うNFT発行サービスの提供を開始した。

LINE Blockchain採用により、「NFTStudio」ではPolygonとLINE Blockchainが選択できるようになっている。

NFTStudio

「NFTStudio」は、イラストレーターやクリエイターが作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行し、販売を行えるNFTプラットフォーム。

2021年3月にリリース開始した。

各IP、企業の特設ページの開設、クレジットカードによるオークション機能の提供も行っている。

約1,000人のクリエイター・イラストレーター会員を有する(が2021年5月現在)。

「NFTStudio」ではブロックチェーンの特性を活用して、二次流通売買が行われた際は売買手数料の一部がクリエイターに永続的に還元される。

イーサリアムを採用しているNFTの発行には、トランザクション手数料としてのいわゆるガス代が必要。しかし、NFTStudioではクリエイターは無償でNFTを発行できる。

これは、polygon(Matic Network)を採用していることで、トランザクション手数料をNFTStudioが負担し実現している。

LINE Blockchain選択においても、同様になると思われる。

なぜLINE Blockchainか?

以下の3者でみてみます。

  • ユーザーのメリット
  • CryptoGamesの狙い
  • LINEの狙い

ユーザーのメリット

LINE Blockchainプラットフォームを採用することで、NFTStudioのユーザーには以下の利便性があります。

  • LINEアプリから簡単にログイン
  • LINE BITMAX Walletとシームレスな連携でNFT管理
  • クレジットカード決済によるNFT購入

つまり、慣れ親しんでいるLINE内での操作の延長でNFTの世界に入れることになります。

CryptoGamesの狙い

CryptoGames社はNFTStudioのユーザー拡大において、LINE Blockchainの採用は以下のメリットがある

  • LINEユーザーの市場にアプローチ
  • プラットフォームの構築・管理が不要
  • LINEの操作性を土台にして一般層を取り込む

LINEユーザーは約8,000万人の市場。

NFTはまだ社会的に認知度が低く、市場の育成が必要だが、慣れ親しんだLINEの操作性の延長でNFTに触れることができれば、ハードルがかなり下がる。

CryptoGames社はLINE Blockchainを採用することで、プラットフォームの構築・管理から開放されて、自社サービスであるNFTStudioの運営に集中できる。

LINEの世界と融合することで、より利便性の高い一次流通市場のあり方をユーザーに提示することができる。

LINEの狙い

LINEユーザーを中心にした、LINEのエコシステムを拡大する。

  • LINE Blockchainプラットフォームの普及・拡大
  • LINEユーザーの拡大

CryptoGames

2018年創業。2019年に人気ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」をリリース。

クリプトスペルズは、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム。

2021年3月にクレジットカード決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリース。

2021年4月に「NFTStudio OEM」の提供を開始。

社名: CryptoGames株式会社

URL:http://cryptogames.co.jp/

LINE Blockchainプラットフォーム

LINEが独自に開発したブロックチェーンを基盤としたプラットフォーム。

CryptoGames社などの企業は開発者向けツールの「LINE Blockchain Developers」を通じてトークンを発行し、LINEのユーザーに、「LINE BITMAX Wallet」でトークンの管理・連携するサービスを提供することができる。

情報ソース

NFTStudioがLINE Blockchainプラットフォームを採用したNFT発行サービスを開始|CryptoGames株式会社のプレスリリース

クリプトスペルズの開発企業、LINE Blockchainプラットフォーム利用でNFT発行サービスを開始

NFTStudioがLINE Blockchainプラットフォーム採用、Polygonと選択可能に | あたらしい経済

国内大手企業も次々とオープン予定のNFTマーケットプレイス【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】 | 仮想通貨コラム | 仮想通貨(暗号資産)の比較・ランキングならHEDGE GUIDE

ASCII.jp:【 CryptoGames社】簡単にカスタマイズNFTショップを構築できる「NFTStudio OEM」の提供を開始。マルチチェーン対応やクレカ決済、ゲームでも使えるNFT化も可

「クリプトスペルズ」のCryptoGames、NFTでマイネットの「イラスト資産」販売