屋外(塀)が心配 防犯用センサーアラームは?

結論

戸建ての塀に防犯センサーアラームを設置する場合、以下の条件のときが効果的です。

  • 塀の異常を感知したい
  • 塀の防犯意識の高さをアピール
  • 塀からの侵入をあきらめさせる

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

屋外(塀)に防犯センサーアラームを設置する効果

防犯砂利の効果は以下になります。

  • 塀の周辺に侵入したのがすぐわかる
  • 侵入されたら音で威嚇
  • 昼間も防犯効果がある
  • カメラ付きだと証拠動画も撮れる
  • 設置やメンテナンスが楽

塀の周辺に侵入したのがすぐわかる

塀に防犯センサーアラームを設置しておけば、誰かが家の塀から侵入すると室内の受信機が音や光で知らせてくれます。

カメラ付きのセンサーアラームなら塀の様子を見ることができます。

侵入されたら音で威嚇

泥棒などの侵入者は音を嫌います。防犯センサーアラームに気づかずに塀から侵入すると音と光を発します。

ここで侵入者に威嚇することができます。侵入者が一度これを経験すると次からこの家を標的にしづらくなります。

大音量にして強く威嚇することも可能です。

昼間も防犯効果がある

防犯センサーライトは「光で防犯する」ので、昼間は防犯効果が殆どありません。

その点、防犯センサーアラームは「光と音で防犯」するので、昼間も防犯効果があります。

泥棒などの侵入者が昼間は活動しないわけではないですので、防犯センサーアラームは「昼間の防犯対策」に効果的です。

カメラ付きだと証拠動画も撮れる

カメラ付きの防犯センサーアラームだと、侵入や盗難などの物的証拠になる動画が撮れるチャンスがあります。

物的証拠があると警察の動きも変わります。

警戒を強めたい理由がある場合に有効です。

設置やメンテナンスが楽

音で防犯対策する方法には防犯砂利がありますが、防犯砂利にはこんなデメリットがあります。

  • 防犯砂利をDIYで敷くときは作業の負担がある
  • 風で飛ばされたり、粉塵が発生したり、雨で流されたりするので数年に一度は入れ替える必要がある

その点、防犯センサーアラームは設置やメンテナンスが楽です。

防犯センサーアラームのデメリット 屋外(塀)に設置

防犯センサーアラームのデメリットは以下になります。

  • 無意味にセンサーが反応する場合もある
  • 停電
  • 周囲の騒音があると効果薄い
  • 隣家への迷惑

無意味にセンサーが反応する場合もある

風に揺れる草木や、陽の光の変化にも反応して意味もなくアラームが鳴ったり警告灯が点灯してしまうことがあります。

停電

停電になると塀の犯罪リスクが増します。停電のため、機種によっては防犯センサーアラームも作動しなくなります。

周囲の騒音があると効果薄い

防犯センサーアラームの「音による防犯」は、周囲の騒音でかき消されるような環境では効果を発揮しません。

塀周辺の騒音の度合いよっては、防犯センサーアラームを設置しても効果が薄い場合もあります。

たとえばこんなときは防犯効果を発揮できなくなります。

  • 近くの道路の交通量が多く車の騒音がある
  • 近くに線路があり電車の騒音がある
  • 雨、とくに大雨のとき
  • 近所で工事をしている
  • 台風などの風の音が大きい
  • 近くで祭りなどイベントをしている
  • 学校が近くにあっていつも音が大きい

隣家への迷惑

塀が隣家と近くて、防犯センサーアラームの音や光が迷惑になることがあります。

防犯センサーアラームの注意点 屋外(塀)に設置

防犯センサーアラームの注意点は以下になります。

  • 隣家への配慮
  • 電源をどうやって確保するか
  • 節電
  • 配線は劣化に注意

隣家への配慮

防犯センサーアラームの音や光で隣家に迷惑がかかる場合があります。こういう場合は、隣家と話し合って了承をもらう必要があるでしょう。

隣家の了承をもらえない場合は、防犯センサーアラームではなく他の防犯対策を検討したほうがいいかもしれません。

ご近所の目は防犯を高めます。ご近所を防犯の味方にすれば強力ですが、敵にしてしまっては元も子もありません。

電源をどうやって確保するか

近くにコンセントが設置してあって、電源が簡単に取れれば問題ないですが、それができない場合もあるかもしれません。

もし日当たりが良ければソーラータイプは検討に値します。

日当たりが悪い場合は、電池タイプかコンセントタイプを検討したほうがいいでしょう。

節電

昼間は点灯しない設定ができる製品だと節電できます

「光での防犯」は昼間は効果ありませんので、光感センサーが反応しない設定ができる製品が良いですね。

配線は劣化に注意

屋外は、ケーブルが劣化しやすくなります。電源を有線にした場合は、耐久性に優れた保護材は必須です。

専門の業者さんに任せる場合は問題ないでしょう。

DIYの場合はホームセンターの方に相談したほうがいいでしょう。

屋外(塀)の危険性

防犯センサーアラームの危険性は以下になります。

  • 塀の周辺は明かりが少ない
  • 泥棒の隠れ場所をつくる
  • 覗き
  • 塀は防犯対策の優先順位が低い

塀の周辺は明かりが少ない

塀の周辺は、玄関側に比べて明かりが少なく、夜は泥棒が活動しやすい環境になりがちです。

泥棒の隠れ場所をつくる

泥棒は「見られる」ことを嫌がります。

高い塀は、一見防犯効果が高そうですが、泥棒から見ると侵入後に身を隠しやすくなるので好都合です。

ボリュームのある生垣も、外から家の中が見えにくく、泥棒に狙われやすくなります。

侵入した泥棒などが外から見えにくくなるので、近所や通行中の人が見つけにくくなります。

「プライバシーを守りたい」という意識が、外から見えにくい状態を招きますが、防犯上は要注意ということになります。

覗き

塀に登って覗かれるケースがあります。

「だから高い塀にすればいい」ということにもなりますが、こんどは泥棒が喜びます。高い塀はコストもかかります。

塀は防犯対策の優先順位が低い

塀は家のなかでも防犯対策の優先順位が低く置かれやすく、ここを泥棒につけこまれます。

まとめ

塀は防犯対策を後回しにしがちですが、そこを泥棒などにつけこまれます。

防犯センサーアラームは、音と光で侵入者に威嚇できます。ですので、昼も夜も塀を防犯できます。

また、カメラ付きだと証拠動画も撮れます。

注意点としては、風に揺れる草木や陽の光にも無意味に反応して、隣家に迷惑になる場合があります。