屋外(塀)に防犯用センサーライト-効果と注意点

2019-07-07

結論

戸建ての塀に防犯センサーライトを設置する場合、以下の条件のときが効果的です。

  • 塀の防犯意識の高さをアピール
  • 塀からの侵入をあきらめさせる
  • 塀の日当たりが良ければソーラータイプ
  • 塀の日当たりが良くなければ電池タイプか有線タイプ
  • 日々の手間を楽にしたいなら有線タイプ
  • 停電のときも作動させたいならソーラーか電池タイプ

以下、詳細にみていきます。

目次【記事の内容】

屋外(塀)に防犯用センサーライトを設置する効果

塀の周辺が明るくなる

センサーライトを設置することで、塀の周辺を明るくできます。

泥棒や覗きなどの犯罪者は、「見られる」のがいやなので暗い場所が好きです。センサーライトはここに効果を発揮します。

威嚇効果

センサーライトはセンサーで作動しますので、泥棒などへの威嚇効果が常夜灯より優れています。

近隣への相乗効果

率先して防犯対策をすると近隣も追随してくれる効果も期待できます。

近隣に「うちもやったほうがいいかな?」という気付きを与え、その結果、勝手口周辺の明かりが増えて防犯環境が向上する効果も期待できます。

反対に、近隣がすでに防犯用センサーライトを設置しているなら「うちも」と乗ってしまえば、さらに近隣に広がる効果も考えられます。

防犯用センサーライトのデメリット 屋外(塀)に設置

隣家からの苦情

防犯用センサーライトを設置したい塀が隣家と近く、猫やねずみに反応して頻繁に点滅されてセンサーライトの明かりが「うざい」と思われる恐れがあります。

防犯には、隣家との良好な関係がかなり重要です。その隣家との関係をこじらせては元も子もありません。

防犯用センサーライトの注意点 屋外(塀)に設置

戸建ての場合、塀は明かりなど防犯対策が後回しになりがちです。泥棒などはそこにつけこみます。

隣家への配慮

塀が隣家と近く、センサーライトの明かりで隣家に迷惑がかかる場合があります。

こういう場合は、隣家と話し合って了承をもらう必要があるでしょう。

隣家の了承をもらえない場合は、防犯用センサーライトではなく他の防犯対策を検討したほうがいいでしょう。

ご近所の目は防犯を高めます。ご近所を防犯の味方にすれば強力ですが、敵にしてしまっては元も子もありません。

反対に、ご近所も防犯対策を検討中だったのであれば、こちらからの相談は「渡りに船」で、双方の出費を抑える提案になる可能性もあります。

相談したらメリット大です。

電源をどうやって確保するか

塀の近くにコンセントが設置してあって、電源が簡単に取れれば問題ないですが、なかなかそういうわけにもいかないケースが多いのではないでしょうか。

塀は屋外であり、屋内から比較的遠いのであれば、電源の確保が難しい場合があります。

もし日当たりが良ければソーラータイプは検討に値します。

日当たりが悪い場合は、電池タイプかコンセントタイプを検討したほうがいいでしょう。

防犯用センサーライトは、防犯カメラなどに比べて消費電力が少ないので、ソーラーや電池タイプでも十分に持つ事が多いです。

景観への配慮

塀の場合、景観は玄関ほど意識することはないと思いますが、配線が目立つのが嫌な場合は対策が必要です。

  • 配線工事の専門の業者さんに依頼する
  • 配線が不要なソーラータイプか、電池タイプにする

防犯用センサーライトの設置位置

塀の防犯対策は、「威嚇」を重視すると思いますので、ある程度目に付きやすい場所に設置して、犯罪行為をあきらめさせる方が効果的です。

屋外(塀)の危険性

塀の周辺は明かりが少ない

塀の周辺は、玄関側に比べて明かりが少なく、夜は泥棒が活動しやすい環境になりがちです。

泥棒の隠れ場所をつくる

泥棒は「見られる」ことを嫌がります。

高い塀は、一見防犯効果が高そうですが、泥棒から見ると侵入後に身を隠しやすくなるので好都合です。

ボリュームのある生垣も、外から家の中が見えにくく、泥棒に狙われやすくなります。

侵入した泥棒などが外から見えにくくなるので、近所や通行中の人が見つけにくくなります。

「プライバシーを守りたい」という意識が、外から見えにくい状態を招きますが、防犯上は要注意ということになります。

覗き

塀に登って覗かれるケースがあります。

「だから高い塀にすればいい」ということにもなりますが、こんどは泥棒が喜びます。高い塀はコストもかかります。

塀は防犯対策の優先順位が低い

塀は家のなかでも防犯対策の優先順位が低く置かれやすく、ここを泥棒につけこまれます。

まとめ

塀は防犯対策を後回しにしがちですが、そこを泥棒などにつけこまれます。

防犯用センサーライトは、塀の周辺を明るくして泥棒に威嚇できます。

ソーラーや電池タイプで十分間に合う可能性があります。

設置の際は、隣家への配慮が大切です。